ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

秋に人気の結婚式のスタイルは?おすすめの服装とタイツについて

   

気候の良い「秋」は、ブライダルシーズンです。

お呼ばれする機会も増えるのではないでしょうか?

少し寒くなってくる「秋」は、どのような服装で出席すればよいのか

悩んでしまいます。

今回は、秋におすすめの「結婚式の服装」についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

秋に人気の結婚式のスタイルは?

最近は、結婚式のスタイルもさまざまです。

新郎新婦の「自分らしさ」にこだわり、オリジナリティーをプラスした自由な

スタイルの結婚式が人気です。

「高砂席」がなく、新郎新婦がゲストと同じテーブルで食事をするなど、

"ゲストを大切にもてなす"といった演出のあるアットホームなものが増えているようです。

77949

結婚式のスタイルがさまざまなら、招待された側は服装をどうすればよいのか、ますます

悩んでしまいます。

まずは、基本的な服装のマナーをみていきましょう。

★白っぽい服装はNG!

「白」は花嫁のカラーです。薄いベージュやピンクなども避けましょう。照明や光の加減

で「白」に見えることがあります。

判断の目安としては、「写真にうつったときに花嫁とかぶらない」かどうかを考えて決める

と良いでしょう。

★黒だけの服装はNG!

喪服を連想させるのでNGとされています。

★露出の多い服装はNG!

あまりにも肌の露出が多い服装は、"品" がないのでやめましょう。

肩が出るものもNGです。

秋の結婚式におすすめの服装は?

では、自由なスタイルの結婚式にも合う秋の服装はどのようなものが

よいのでしょうか?

★定番の結婚式・披露宴の場合は?

昼間なら、落ち着きのある品のよい服装が良いでしょう。

夜なら、華やかさのあるものが良いでしょう。

★「平服」でと指定がある場合は?

「平服」とは普段着のことですが、お祝いの席にふさわしい服装にしましょう。

品のよいワンピースがおすすめです。

スポンサードリンク

★「カジュアルウエディング」の場合は?

会場となる場所で判断すると良いでしょう。

結婚式場やホテルなどでしたら、一般的なマナーにそった服装にしましょう。

カフェなどの場合は、少しカジュアルでもよいでしょう。

カラードレスやワンピース、スーツなどで結婚式のスタイルに合わせて選んでください。

カラーは、ネイビーやボルドーがおすすめです。

また、10月後半以降は、寒くなってくるので、薄手のコートを羽織っていくと寒さ対策になります。

カジュアル過ぎなければ、普段お使いのコートで問題ないでしょう。

きれいめのカーディガンでも良いでしょう。

cb6de043e1a6ba6b923bf528e930ec07_s

秋の結婚式にタイツはOK?

11月になると急に寒くなってきます。

寒さ対策として、結婚式に「タイツ」をはいて出席するのはOKなのでしょうか?

基本的なマナーでは、「タイツ」はNGです。「ベージュのストッキング」が基本です。

しかし、タイツもさまざまなものがあります。

「厚手の真っ黒いタイツ」は、おしゃれではありませんし、やぼったい感じになります。

また、カラータイツや網タイツも上品さに欠け、カジュアルになりがちなので避けましょう。

一方、柄タイツは、上品なものならぎりぎりセーフです。服装にあっていれば大丈夫でしょう。

そして、『靴』は、「パンプス」が基本です。

寒いからと、ブーツは履かないようにしましょう。

コーディネイトとしてふさわしくないです。

「ヒールのあるパンプス」+「ベージュのストッキング」が基本と覚えておいてください。

その上で、結婚式のスタイルや時期・場所などに合わせて選んでみてください。

さいごに

結婚式には、年配の方もおられるかもしれません。

そのことを意識して服装を選びましょう。

そして、素敵な結婚式でたくさん祝福をして、幸せをわけてもらってくださいね☆

スポンサードリンク

 - 結婚式 ,