ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

七夕の笹飾りの由来は?短冊とその後の捨て方はどうすれば?

   

七月の行事といえば『七夕』があります。
『七夕』は、「織姫と彦星が一年に一度だけ会うことを許された日」
という事は広く知られています。
では、笹飾りや短冊についてご存知でしょうか?

スポンサードリンク
  

七夕の笹飾りの由来について

七夕飾りと言えば「笹と短冊」とのイメージが強いですが、
この七夕飾りというのはいつ頃から始まったのでしょうか。
日本に 七夕が伝わって来たのは、平安時代から奈良時代の頃で、
その頃は、中国からの影響が強い飾りつけで、
「五色の糸を星にお供えする」という習慣があったようです。

室町時代の頃になると、書の上達などを願うようになり、
それに伴って書で書いた和歌等をお供えするようになりました。

江戸時代にもなると、一般の家庭でも
玄関の前に七夕飾りを立てるようになりました。

現在に至るまでに七夕飾りは変化をしました。、
現在では色紙や折り紙でつくったものを飾るようになりました。

七夕の笹飾りの短冊について

短冊は、七夕の歌にも「五色の短冊~」と出てきますが、
昔は、短冊を飾るのではなく、五色の糸を備えていました。

この糸が、後に布となりましたが、
布は高価でなかなか手に入れにくいことから
江戸時代に庶民の間で七夕が広まった頃から紙の短冊へ
と変化していきました。

短冊に願い事を書く事が広まったのも
江戸時代になってからの事です。

スポンサードリンク

元々は書道など「芸」の上達を願うものでしたが、
現在は、身近な願いや夢を書いてあるものが多いです。
毎年お子さんが何を書かれるのか楽しみですよね。

短冊はいろいろないろがありますが、
短冊の五色は「青・赤・黄・白・黒」があります。
五色にはそれぞれ意味がありますが、お子さんとご家
庭で願い事を書く場合は、
お子さんに好きな色を選んでもらいましょう。

七夕の笹飾りの捨て方は?

では、笹飾りを楽しんだ後はどうすればよいのでしょうか?
お子さんの願い事を書いた「短冊」は、大事に扱いたいですよね。

本来、短冊は「川や海に流す」というのが昔の習わしでしたが、
現代では川や海を汚すことになります。

そこで、3つの方法をご提案します。

「近くの神社に持っていく」

お焚きあげをしてくれる神社もあるそうです。
近くに神社があれば、お子さんと散歩がてら行かれてもてもいいか
もしれません。

「自分で燃やす」

願い事を書いた短冊だけを大きな空き缶などのなかで燃やします。
安全に行えない場合は、他の方法をおすすめします。

「白い紙に包んで捨てる」

白い紙に感謝の気持ちを込めて包み、燃えるゴミとして処分して
ください。

☆片づける時期

本来、七夕飾りは、7月7日の夜に軒先に出しておくものでしたので、
一般的には7月8日に片づけるのは良いでしょう。

まとめ

一日だけのイベントですが、お子様の願い事を知ることが出来る
チャンスです。
お子様と楽しみながら笹に飾りつけをしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - 行事