ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

ソルトマトって何?野菜を塩漬けする効果とミニトマトでの作り方

      2017/04/28

2700049

「トマト」は、夏野菜の代表格ですが、

『ソルトマト』ってご存知ですか?

「ソルト」と「トマト」と考えると、何となく

分かるような・・・

今回は、『ソルトマト』についてご紹介します。

スポンサードリンク

ソルトマトって何?

夏になると、「トマト」が美味しくなります。

「トマト」は、ハウス栽培で1年中食べることができますが、

やはり、旬である夏の間が美味しい時期です。

旬ということで、たくさん収穫も出来る時なので、保存にお困りの方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、『ソルトマト』です。

『ソルトマト』とは、料理研究家でもある人気ブロガーの方が考案された

トマトを使った調味料です。

メディアでも紹介され、『ソルトマト』のファンも増えてきています。

この『ソルトマト』は、トマトと塩があれば、簡単に作れて、

さまざまな料理に使えますよ。

ソルトマトのように野菜を塩漬けする効果とは?

最近、トマトだけでなく、野菜などを塩漬けしたものが人気ですが、

そもそも、塩漬けするメリットは何なんでしょうか?

まずは、塩漬けの効果をご紹介します。

★「保存食」にする効果

野菜などの傷みやすい食材は、塩分濃度の高い状態にすると、雑菌の繁殖が抑制されて、
長期保存がしやすくなります。
塩を使った保存食品は、日本だけでなく、世界中にたくさんあります。

★「栄養素」を守る効果

野菜などに含まれる栄養素には、調理の過程で失われることが多いものがあります。
例えば、『ビタミンC』は、加熱により壊れたり、切ったことで空気にふれて酸化して損失
したりします。
しかし、塩漬けすると、栄養成分がほとんど失われません。
塩漬けにすることで、『ビタミン』や『ミネラル』などを効率的に摂ることができるのです。

★「旨み」が増す効果

塩漬けすると、時間が経つにつれて、発酵がすすみ、旨み成分が増えます。
特に、「トマト」には、旨み成分である『グルタミン酸』が豊富です。
塩漬けで、この旨み成分が凝縮され、美味しさが増します。

ミニトマトを使ったソルトマトの作り方

「トマト」と同様に、「ミニトマト」も夏が旬で、たくさん収穫できます。

スポンサードリンク

ただ、「ミニトマト」は、皮が硬くて苦手な方もいらっしゃるでしょう。

今回は、このミニトマトを使った「ソルトマト」の作り方をご紹介します。

[ミニトマトで作るソルトマト]
(準備するもの)

・保存容器
・ミニトマト 200g
・塩     20g(トマト重量の10%)
・にんにく(お好みで)

★作り方

(1)ミニトマトを洗って、水気をふき取ります。
(2)1/4に切り、タネを取り除きます。
   この時、ミニトマトの汁を使いたいので、ざるなどを使って、タネだけを取り
   除いてください。
   皮はそのままです。
(3)煮沸消毒した容器に、ミニトマトと汁と、塩、みじん切りにしたにんにくを入れます。
(4)時々混ぜながら、半日常温におきます。その後冷蔵庫で2~3日寝かせて完成です。

※保存は、冷蔵庫で約1か月です。

※肉・魚料理の味付けや、卵焼きに入れたり、パンにのせて焼いたりと色々な料理に使えます。

▼ 調味料の使い方についてはこちらの記事をご参考になさってください。
『美味しいカレーにソルトマト!?カレーとの相性はどうなのかな?』

 

IMG_20160714_124942
▲作りたての状態

さいごに

2044654

『ソルトマト』のみで味付けができるので、朝食など、野菜が不足しがちな食事作りに

プラスすると良さそうです。

夏休みのお子さまの食事作りに役立ててみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 夏野菜 ,