ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

夏本番前にエアコンの掃除で三大恐怖を浄化!掃除方法と頻度は?

   

梅雨も終わりに近づき、暑い日が増えてきました。
そろそろエアコンの出番ですね。
冬の暖房使用が終わってから、しばらく使っていないエアコンには汚れがたまっています。
エアコン内の汚れは、においの原因になるだけでなく、健康にも悪影響を与える可能性が
あります。
今回は、「エアコンの汚れと掃除」についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

夏本番前にエアコンの掃除で三大恐怖を浄化!

エアコンは、室内の空気を吸い込んで、内部でその空気を冷やして、お部屋に冷えた空気
を戻しています。
このようにして、お部屋を涼しくしてくれていますが、その時にお部屋のホコリなども一緒
に吸い込んでいます。
この吸い込んだ汚れにカビが生えて、エアコン内で増殖しているのです。
そのまま、エアコンを使用すると、涼しい風とともに、このカビなどの汚れも出てきます。
さらに、エアコン内部は、ゴキブリなどの害虫のエサの宝庫です。室外機のパイプやホース
などから侵入したゴキブリがエアコン内に卵を産み付けるといったこともあるそうです。
久々にエアコンを稼働させたら、ゴキブリが降ってきた!なんてことは避けたいですよね。

[エアコンの汚れ:三大恐怖]

(1)カビ

カビの生えたエアコンを使うと、風と一緒にカビの菌がばら撒かれます。
その菌が吸い込んだりして体内に入ると、呼吸器に悪影響を及ぼします。
そして、肺炎(夏型過敏性肺炎)やアレルギーなどを引き起こしす場合があります。

(2)ホコリ(ハウスダスト・花粉も含む)

繊維やペットの毛のような大きいものから、ダニのふんなどを含むハウスダストのような細かいものまで様々あります。
ハウスダストや花粉は、細かいので、フィルターの網目を通り抜けてエアコン内部に入り込みます。
こちらも、体内に入り込むと、アレルギーや呼吸器に悪影響を与えます。

(3)ゴキブリ

ゴキブリなどの虫は、嫌いな方にとっては、苦痛そのものです。
精神的に悪影響を受けます。

1838692

エアコンの掃除方法は?

エアコンの汚れについてお伝えしましたが、それらの汚れを吸い込みたくないですよね。
それならどうしますか?
エアコンの使用を我慢しますか?猛暑の中では、熱中症になってしまいますよ。
熱中症か汚れを吸い込んで病気になるか・・・
どちらもお断りですよね。
ならば、掃除をしましょう!

では、エアコンの掃除はどのように行えばよいのでしょうか?
ご家庭でする場合の掃除方法をご紹介します。

(準備するもの)

・掃除機
・雑巾
・歯ブラシ
・スポンジ
・洗剤
・マスク

(内部の汚れがひどい場合)

・大きなビニール袋
・ラップ
・エアコン洗浄スプレー

(掃除方法)

1.エアコンの電源が切れていることを確認し、電源プラグを抜きます。
 事故防止に必ずプラグは抜きましょう。

スポンサードリンク

2.エアコン全体のホコリと、カバーやフィルターのホコリを掃除機で吸い取ります。
 エアコン上部や横を、水で濡らして固く絞った雑巾で拭きます。

3.前面のパネルを外し、パネルとフィルターをきれいにします。
 前面パネルは、リビングのエアコンの場合、油汚れもついているので、食器洗い洗剤を薄めて使うと、
 汚れがよく落ちます。浴室などですると、洗いやすいです。
 フィルターは、ゆっくり取り外し、再度掃除機でほこりを吸い取ってから、水洗いします。
 その後、干して乾かします。
 この時に、フィルターの目を傷付けないように気を付けて洗ってください。

4.(内部の汚れがひどい場合)
 中のフィンをエアコン洗浄スプレーを使ってきれいにします。
 まずは、万が一液が垂れてきて、お部屋が汚れないように大きなビニール袋などで養生します。
 電装部分をラップなどで覆い、濡れないようにします。
 フィンにスプレーをしていきます。
 しばらく放置してから、必要に応じて水のスプレーで洗浄剤を洗い流します。
 雑巾で周辺をふき取りをします。
 
 ※エアコン洗浄スプレーに記載されている使用方法に従ってください。 

5.吹き出し口やルーバーの汚れを拭き取ります。

6.乾いたフィルターを取り付けます。

7.電源を入れて送風運転を行います。

▽掃除前(汚くてごめんなさい)
IMG_20160703_102252

▽掃除後(きれいになりました!)
IMG_20160703_161058

エアコンを掃除する頻度は?

きれいになったエアコンからの風は、いつにも増して爽やかに感じます!

これからの掃除のタイミングはどうなのでしょうか?

フィルターや前面パネルのホコリは、2週間に1回。
最低でも、1か月に1回はきれいにした方が良いでしょう。
こまめな掃除は、電気代の節約にもなります。

内部は、2年に一回程度はきれいにした方が良いようです。

今回は、ご家庭でする掃除方法をご紹介しましたが、時間が無かったり、
自信ない方は、業者に頼まれても良いでしょう。
費用は、1台1万円~2万円くらいです。

さいごに

知らない間にエアコン内部は恐ろしい状態になっているかもしれません。
こまめに掃除をして、お子さんやご家族の健康を守りましょう。
きれいになったエアコンで快適な夏をお過ごしくださいね。

スポンサードリンク

 - 生活 ,