ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

秋の七草とは?それぞれの特徴はなに?どんな楽しみ方がある?

      2016/06/18

「春の七草」は、ご存知の方も多く、スーパーなどでも「七草粥セット」を見かけます。
秋にも「秋の七草」があるのをご存知でしょうか?
今回は、「秋の七草」についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

秋の七草とは?

「秋の七草」は、奈良時代の貴族・歌人であった山上憶良が、『万葉集』にある歌の中で選定したものです。

”秋の野に 咲きたる花を 指折りて かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
 萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花”

こちらが『万葉集』の歌になります。この7種類の植物は、秋に花の咲く草花で代表的なものが選ばれています。

『萩(はぎ)』

『尾花(おばな)』→ 薄(すすき)

『葛花(くずばな)』→ 葛(くず)

『撫子(なでしこ)』

『女郎花(おみなえし)』

『藤袴(ふじばかま)』

『朝貌(あさがお)』  
※「朝顔」ではなく「桔梗」であるとの説が定説。
 今のアサガオや、ムクゲ、ヒルガオとの説もあります。

「春の七草」は、「七草がゆ」を食べて健康を願う風習ですが、「秋の七草」は花を観賞するためのものなのです。

秋の七草の特徴は?

では、「秋の七草」のそれぞれの特徴をご紹介します。

★萩(はぎ)

マメ科ハギ属ヤマハギ亜属の総称。北海道南部から九州に分布しており、草地や林などでよく見られます。
園芸品種も多く出回っており、庭木にもよく利用されます。

【特徴】

落葉低木。総状花序。花期は7月から9月。紅紫色の小花を咲かせます。

★ 薄(すすき)

イネ科の多年草。日本各地の日当たりの良い草地など、山野のいたるところに生えます。
近年は、開発が進む地域で見かけることが少なくなりました。

【特徴】

多年草。花期は秋。茎の高さは1m~1.5mほどになります。

★葛(くず)

マメ科のツル植物。北海道から九州に分布しており、山野のいたるところでよく見られます。
紫色の花が房状に咲きます。根からとったデンプンは、「葛粉」として利用されます。
また、クズの根は、感冒薬の葛根湯(かっこんとう)に用いられています。

【特徴】

つる性木本。総状花序。花期は7月~9月。紅紫色の小花を咲かせます。

★撫子(なでしこ)

ナデシコ科の多年草。北海道から九州の日当たりのよい草地や河原に生えます。
多くの園芸品種があります。

【特徴】

多年草。 花期は7月~9月。花弁が細かく裂けているのが特徴で、淡紅色の花を咲かせます。

スポンサードリンク

★女郎花(おみなえし)

オミナエシ科の多年草。日本各地の日当たりのよい山野に生えます。
名前の由来は、粟粒に似た花を咲かせることから「女飯」が変化したものと言われています。

【特徴】

多年草。花期は8月~10月。茎の上部に黄色い小さな花を多数咲かせます。花には独特のにおいがあります。

★藤袴(ふじばかま)

キク科の多年草。関東地方以西の本州と、四国、九州に分布しています。河川敷や堤防などに生えます。野生のものは数が減っており、
絶滅危惧種に指定されています。花屋さんで売られているものは、切り花用に改良されたものです。
乾燥させた葉が芳香を発するので、中国では古くから香草として用いられたきました。
花の形が袴に似ているので、藤袴と呼ばれます。

【特徴】

多年草。花期は8月~9月。淡い紅紫色の花を咲かせます。

★桔梗(ききょう)

キキョウ科の多年草。日本各地の日当たりの良い草地に生えます。自生株が減少しており、絶滅危惧種に指定されています。
「古今和歌集」や「源氏物語」にも登場するほか、家紋として古くから用いられてきました。

【特徴】

多年草。花期は8月~9月。茎の先に風船のように膨らんだ蕾が開いて星型の青紫色の花を咲かせます。

    
※総状花序(そうじょうかじょ)・・・主軸が長く伸び、柄のついた花が間隔をあけて付いているもの。

秋の七草の楽しみ方は?

「春の七草」は、小学校によっては、国語の授業で読んで覚えたりします。
「秋の七草」も、ご家庭で覚えて楽しんでみてはいかがでしょうか?
面白い覚え方があるので、ご紹介します。

★「ハスキーなお袋」での覚え方

「ハ」・・・萩(はぎ)
「ス」・・・薄(すすき)
「キ」・・・桔梗(ききょう)
「-」
「な」・・・撫子(なでしこ)
「お」・・・女郎花(おみなえし)
「ふ」・・・藤袴(ふじばかま)
「く」・・・葛(くず)
「ろ」

★「お好きな服は?」での覚え方

「お」・・・女郎花(おみなえし)
「す」・・・薄(すすき)
「き」・・・桔梗(ききょう)
「な」・・・撫子(なでしこ)
「ふ」・・・藤袴(ふじばかま)
「く」・・・葛(くず)
「は」・・・萩(はぎ)

他にも覚えやすい語呂合わせがないか考えてみるのも良いでしょう。

まとめ

秋は、自然を楽しめる季節です。お月見に「秋の七草」を飾って、秋の風情を堪能してみてはいかがでしょうか☆

スポンサードリンク

 - 生活