ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

秋の花であるリンドウとは?鉢植えの管理と水揚げの仕方は?

   

秋は、山野草や紅葉、そして実ものなど、
さまざまな植物を楽しめる季節です。
今回は、敬老の日のプレゼントにも最適な『リンドウ』を
ご紹介します。

スポンサードリンク
  

秋の花であるリンドウとは?

『リンドウ』は、夏から秋へ涼しくなりはじめた9~11月に開花期
を迎え、晴れた時だけ筒状の花が咲く植物です。
葉は笹のように細長く、草丈は30~50cmほどに生長します。
世界に約400種ほどあります。日本では、20種ほどが本州から奄美
諸島にかけて自生しており、秋の山野草として古くから親しまれて
います。

定番の青紫色のほかに、薄紫や白、ピンクなどの淡い色の品種が豊
富にあります。また、スプレー咲きやミニタイプもあります。

◎「リンドウの花言葉」は、色によって違います。

★紫色の花言葉・・・「正義」「満ちた自信」

★白色の花・・・「貞節」「的確」

◎「名前の由来」

中国では「竜胆」と呼ばれています。根は生薬にされ、この根の味が
「竜の肝のように苦かった」ことにちなんでつけられました。
この漢字を日本語読みして、「リンドウ」と呼ばれるようになりました。

秋の花リンドウの鉢植えの管理は?

リンドウは、開花後草丈がほとんど伸びないので、他の植物との寄せ植えにぴったりです。
また、開花期にピンセットで雄しべの葯(やく)を取ると、花を長持ちさせることができます。

では、リンドウの鉢植えを管理する方法をご紹介します。

★開花期の管理方法

(置き場所)

夏は、明るい半日陰に置いてください。暗い所だと開花しません。
それ以外の季節は、日当たりの良い場所に置きましょう。
充分な直射日光に当てることで次々と開花します。
日照不足は花付きを悪くし、つぼみが腐れ易くなります。

(水やり)

鉢の土が乾き始めたら、鉢底から流れるほどたっぷり与えて下さい。
乾燥には弱いので、カラカラに乾燥させないように気をつけましょう。
ただし、水の与えすぎで加湿の状態もよくありません。葉の先から枯れてしまうことがあります。

スポンサードリンク

また、水がつぼみや花びらにかかると傷むことがあります。開花中は株元から静かに水を与えてください。

(肥料)

4~10月頃迄に肥料を与えます。
肥料は、1000倍液を1ヶ月に2回ほど与えましょう。

★花が咲き終わった後の管理方法

(置き場所)

開花期と同様で、夏は半日陰、それ以外は日当たりの良いところに置きましょう。
基本的に高山性ですから、比較的に冬の寒さには強いです。霜や寒風に気をつければ屋外で冬越しできます。

(水やり)

こちらも開花期と同様です。

★日常の手入れのポイント

・咲き終わって茶色く変色した花は摘み取りましょう。
 そのままにしておくと、栄養がタネに取られて株が弱ってしまいます。
 タネを採集しない場合は、花茎の付け根から摘み取ってください。

・冬を迎える頃には、茎葉が枯れて地下の根の状態で冬越しをします。
 枯れてしまった茎は、地際近くで切り戻します。

・タネは、開花後2ヶ月ほどでできます。さや全体が茶色く変色するか、
 自然に裂けた頃が採りごろです。
 採取したタネは保存しておき、3月上旬頃に蒔きます。

秋の花であるリンドウの水揚げは?

「リンドウ」を切り花で楽しむ場合の水揚げなどをご紹介します。

「リンドウ」や「きく」などの茎が比較的太くて、硬い花は、『水折り』
という方法で水揚げをします。

★水折りの方法

1.茎を水の中に入れたまま、切り口から5cmくらいのところを
 指の爪先を使って、ポキッと折ります。

2.そのまま2~3秒、茎先を水の中に沈めておきます。

★日持ち:5~7日

★相性の良い花:スプレーマム、ワレモコウ

まとめ

お彼岸に供える花というイメージのある「リンドウ」ですが、
品種改良が進み、様々な品種があります。
鉢植えでも比較的育てやすく、切り花としてもアレンジしやすい
「秋の花」です。
ぜひ、「リンドウ」で秋を楽しんでください!

スポンサードリンク

 - 生活