ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

黄砂はなぜ日本に飛んでくるの?飛散する時期は?夜も飛んでいる!?

   

「黄砂」が飛散し始めると、のどの痛みや発熱など、体に悪影響が出てきます。

そのため、「黄砂」が飛散する時期は、日本国内でもマスクを着用する人が増え

てきますね。

では、そもそも「黄砂」は、なぜ日本に飛んでくるのでしょうか。

また、「黄砂」が、飛散する時期や時間帯はいつ頃なのでしょうか。

スポンサードリンク
  

黄砂はなぜ日本に飛んでくるの?

「黄砂」は、元々、中国大陸の砂漠地帯で発生する砂嵐の一種です。

では、中国大陸の限られた地域で発生する砂嵐が、どうして日本にまで飛んできて

しまうのでしょうか?
   

中国の砂漠地帯では、春先にかなり強い風が発生します。

その春風に乗って、砂漠の砂が大量に空に舞い上がっていきます。

そして、「黄砂」が空に舞い上がる頃、偏西風と呼ばれる風が日本に向かってくる時期

を迎えます。
 

偏西風とは、中央アジアから日本に流れてくる風のことを言います。

この偏西風に、空へと舞い上がった黄砂がタイミング良く乗ってしまいます。

偏西風は、かなりのスピードと強さを持つことが特徴です。

その勢いに乗って、「黄砂」が日本に大量に押し寄せてきてしまうのです。
 

なので、遠く離れた中国大陸の黄砂が「日本」にまで来てしまうのには、偏西風が

大きく関係しているのです。

黄砂が飛散する時期は?夜も飛んでいる!?

「黄砂」は、一年中飛散するというわけではなく、ある一時期だけ日本で飛散します。

主に春先に飛散しますが、早い場合は、2月頃から飛散が始まります。

スポンサードリンク

そして、4月頃にピークを迎え、5月に入ると、徐々にその勢いが弱まってきます。

ちょうど、花粉症がピークを迎える時期と重なっているのが特徴ですね。

「黄砂」を日本にまで運んでくる偏西風は、スピードのある風です。

そのため、「黄砂」が大気中に舞い上がった後、4日程度で日本に運ばれてきてしま

うのです!

なので、中国大陸で「黄砂」の砂嵐が起きる時期と、それが日本に飛来する時期は、

それほどズレていないと言えます。
   

では、「黄砂」が飛散する時期は、時間を問わず、1日中黄砂が飛び回っているの

でしょうか?
 

基本的に、「黄砂」は、朝・昼・夜に関係なく飛散しています。

しかし、勢いが強い時間帯・弱い時間帯というものはあります。

風が強い時間は、「黄砂」が勢いよく飛散しているので、より注意が必要です。

風が強い時間帯と言うと、昼~夕方が多いですが、夜の時間帯も安心はできません。

なので、「勢いの強弱はあるけれど、基本的に黄砂が飛ぶ時期は、1日中飛散している」

と考えてください。

さいごに

「黄砂」が、日本にまで飛来してしまうのは、スピードと勢いのある偏西風が関係しています。

この偏西風が原因で、遠く離れた中国大陸の黄砂も、4日ほどで日本に到達してしまうのです。

また、「黄砂」は、2月~5月に飛散し、4月にピークを迎えます。

さらに、時間帯を問わずに飛散するため、「黄砂」が飛ぶ時期は、できるだけマスクをつける

ことをオススメします。

スポンサードリンク

 - 生活 ,