ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

布団を処分するなら粗大ごみ?その他の方法でも処分できるの?

   

引っ越し作業の中で最も大変なものの1つが、「布団の処分」です。

捨てたい布団があるのに、どう捨てれば良いのかで悩まれる方が多いようです。

そこで、布団をごみとして出す場合の方法や注意についてご紹介していきます。

また、ごみに出す以外の布団の処分方法ついてもお話していきます。

スポンサードリンク
  

布団の処分は粗大ごみ?

布団をごみとして捨てる場合は、基本的に、「粗大ごみ」扱いとなります。

そのため、布団を捨てるのは有料であると考えてください。
 

では、布団を粗大ごみとして捨てる際の手順についてお話していきます。
 

まず、住んでいる地域の自治体に、電話かメールで、「粗大ごみを回収して欲しい」

と申し込みます。

申し込みをしないと、粗大ごみを出すことができないので、気をつけてくださいね。
 

そして、コンビニ・スーパーなどで、「粗大ごみ処理シール」を購入します。

粗大ごみ処理シールは、地域によって値段が違います。

布団の場合は、大きさにもよりますが、200~500円程度と考えてください。
 

そのシールを、ごみ(布団)に貼り、自治体から指定された日にち・時間を守って、

指定の場所に捨てるというのが一般的です。

ただし、地域によって回収方法が違う場合があるので、申し込みをした時に、回収

方法を必ず確認しておきましょう。

ちなみに、粗大ごみ回収の申し込みをした際に、指定の日時・場所について伝達が

あります。

これ以外の勝手な日時・場所に捨ててしまうと、不法投棄になってしまうので、注意

してくださいね。

指定の日時に関しては、申し込みの締切に間に合わないと、当分先になってしまうこ

ともあります。

早めに申し込みをするのが良いでしょう。

スポンサードリンク

   
また、「事情があって、どうしても指定された場所まで布団を持って行けない」という

場合もありますよね。

そんな時は、少し費用がかかってしまいますが、民間の粗大ごみ処理の業者さんにお願い

しましょう。

そうすれば、家の前まで取りに来てもらうことができますよ!

布団を処分するその他の方法は?

布団を「粗大ごみ」以外で処分するという方法も、いくつかあります。
   

まずは、「無料引き取りサービスの業者さんや、リサイクルショップに引き取ってもらう」

という方法です。

まだ使えそうな布団であれば、リサイクルショップに売ることで、お小遣い稼ぎもできますね。

もう使えなくなった布団であれば、無料引き取りサービスの業者さんに送りましょう。

ただし、いずれの場合も、送る時は送料を自分で負担しなければならないケースが多いようです。

   
つづいては、「引っ越し業者さんに引き取ってもらう」という方法です。

引っ越しで布団を捨てるという場合、引っ越し作業をお願いする業者さんに事前にお願いしましょう。

そうすれば、布団をはじめとした粗大ごみを引き取ってもらうことができます。

ただ、この場合、引っ越しプランのオプションという形になります。

そのため、事前の申し込みと追加料金の支払いが必要となります。

さいごに

布団を処分する場合は、「粗大ごみとして捨てる」という方法が一般的です。

しかし、リサイクルショップや無料引き取り業者さんに引き取ってもらうという方法もあります。

また、引っ越しをお願いする業者さんに、引き取りをお願いすることもできます。

いずれの場合も「完全な無料」ではできませんが、処分方法の選択肢は増えます。

布団は、重量もサイズも大きなごみとなりますから、ご自分に負担のない方法で処分してくださいね。

スポンサードリンク

 - 生活 ,