ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

ゆずはまるごと無駄のない使い方で!種は化粧水に?作り方と使い方

   

「ゆず」っていいですよね。

「ゆず」がスーパーなどに出回ってくると、今年も冬になったんだなあ、なんて

感じてしまう自分がいます。

さて、そんな「ゆず」。

実は、とっても奥深くて長い歴史があるのです。

古くは、平安時代の書物である『続日本記』や、江戸時代の『本朝食艦』『和漢

三才図会』などに薬としての使い方や、細かい調理法なんかも載っているのです。

さらに、『柚珍秘密箱』といった柚子専門の料理本も出ていて、古くから庶民の

暮らしに必要な果物でした。

今回は、そんな冬の代名詞「ゆず」の捨てる部分のない秘密について、見ていき

ましょう。

スポンサードリンク
  

ゆずはまるごと無駄のない使い方で!

” 実 ” はもちろん、” 皮 ” までしっかり食べられる「ゆず」。

この「ゆず」が旬を迎えるのは、ずばり ” 冬 ” です。

とはいえ、スーパーなどに出回り始めるのは9月ごろからで、12~1月くらいまで

出回っています。

   

「ゆず」には、「青ゆず」と呼ばれるものと、お馴染みの「黄ゆず」とがあります。

「青ゆず」は、一般的な「黄ゆず」よりも、香りと酸味が強いのが特徴です。

   

そんな「ゆず」の特徴といえば、やはり、その独特の ” 香り ” ですよね。

ゆずの皮に含まれる香りには、血管を広げて血流をよくする効果があります。

よくお風呂に入れて入浴し、体をしっかりと温めて血行を良くし、皮に含まれる香り

で、風邪などの感染症や冷え予防に使われるのはこのためです。

   

「ゆず」は、お風呂で楽しむ以外にも、その独特の香りや風味を生かして、料理や調味料

としても力を発揮してくれます。

普通の「焼き魚」にさっと「ゆず」のしぼり汁をかけるだけでも、その風味や香りのおかげ

で一段と美味しく感じられます。

また、「高野豆腐などさっぱりとした煮物」にアクセントとして加えるだけでも、高級感の

ある味へと変化します。

「茶碗蒸し」や「なます」、「おそば」との相性も抜群です。

   

最近では、この「ゆず」を使った調味料も多く出回っていますよね。

例えば、「ゆずコショウ」や「ゆずポン酢」、「ゆずドレッシング」など、いつもの調味料

に「ゆず」の風味が加わっただけで、また違った美味しさを楽しむことができます。

お酒との相性も良く、「ゆず」のお酒も数多く販売されています。

 
私は最近、近くのスーパーで「ゆず」のグミを見つけて、感動して衝動買いしてしまいました。

スポンサードリンク

そのくらい、「ゆず」って身近な食材になってきているのですね。

ゆずの種は化粧水に!作り方と使い方は?

そんな香りがよくて独特な風味で私たちを魅了してやまない「ゆず」ですが、実は、化粧水とし

ても私たちの生活に浸透してきているのです。

たしかに、「ゆず」の入浴剤もあるくらいですから、お肌にいいのは分かるのですが・・・。

今回ご紹介する「ゆず」の種を使った化粧水って、一体どのようなものなのでしょうか?

   

まず、「ゆず」には高い抗酸化作用があります。

ですので、今人気のお肌の酸化を防いでくれる働きをします。

また、『ビタミンC』も豊富ですので、美白効果やニキビ予防にも期待が高まっているのです。

   

そんな「ゆず」の種を使った化粧水を、ご家庭で作ることができるってご存知でしたか?

   

早速、詳しい作り方をご紹介しましょう。
   

材 料

・ゆずの種(ゆず2~3個分)
・日本酒か焼酎(ゆず種の重量の約10倍)
・蒸留水

材料は、たったのこれだけです。
   

作り方

① 種を取りだし、そのまま洗わずに日本酒や焼酎をひたひた程度で漬け込みます。

② 2、3週間ほどすると、種の中に含まれるペクチンが溶けて、とろとろになってきます。

こうなってきたら準備OK。

③ 種を取り除き、お好みのテクスチャーになるように、蒸留水で割ってあげます。

  日本酒で作った場合は、そのままでもお使いいただけます。

  ただし、敏感肌の方は、初めは蒸留水で薄めて使われるとよいかもしれません。  

どうですか?

とっても簡単ですよね♪

これを、出来れば遮光の瓶に小分けにしておきましょう。

この「ゆず」化粧水は、髪や体、顔など全身にお使いいただけます。

スプレータイプの小瓶に入れておけば、オフィスなどで乾燥を感じた時、さっと吹きかけて

お使いいただけます。

とはいえ、保存料を全く使用していないので、2週間ほどで使いきることをお勧めします。

さいごに

「ゆず」って、本当に捨てる部分がないくらい万能です!

食べても飲んでも、そしてお肌に使っても、私たちの体に素晴らしい力を発揮してくれます。

また、「ゆず」の皮を ” 冷凍 ” や ” 乾燥 ” させておくと、長期間の保存も可能です。

興味がある方は、ぜひとも試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 食べ物 ,