ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

生姜で冷え性を改善できる?長期保存したい!?上手な方法は?

   

もうすぐ寒い冬がやってくる!

男性にとってはそうでもないでしょうが、男性よりも筋肉量の少ない女性にとっては

冬は本当に厳しいもの。

そう、女性には「冷え」があるからです。

私も根っからの「冷え症」で、毎年冬が本当に辛かったのですが、「生姜パワー」で

なんとか乗り切ることができています。

今回は、そんなスゴ腕の持ち主である「生姜」のパワーについて見ていきましょう。

スポンサードリンク
  

生姜で冷え性を改善できる?

 

今の世の中には、女性特有の「冷え性」に良いとされている食品や商品が、数多く存在し

ますよね。
 

その中でも昔から変わらず根強い人気を誇るのが、「生姜」です。

みんなから支持される理由としては、冷え症対策が出来るのに、副作用のない食材であること。

そして、1年中いつでも簡単に購入できて、摂取しやすいからです。

しかも、とってもお財布に優しいので、「生姜」が手放せないという方も多いのではないで

しょうか。

   

そもそも、「生姜」はどうして「冷え症」に良いといわれているのでしょうか?

   

「生姜」は、 血行を良くし、体中の血液の流れを良くしてくれます。

「生姜」に含まれている『ジンゲロン』という特有の辛み成分が、血行の促進をサポート。

さらに、代謝を高めてくれるので、ダイエットにも効果的だといわれています。

「生姜」を使ったダイエット商品がたくさんあるのはこのためです。

この他にも、胃や腸の働きを良くしてくれる力も持っていますので、便秘改善にも期待でき

るのです。
 

また、あまり知られていませんが、「生姜」には『ショウガオール』という成分も含まれて

います。

この『ショウガオール』は、老化防止や病気の予防に役立つ力を持っています。

また、血管を拡張させたり、血液の流れを良くする効果も期待できますので、体の中全体に

スポンサードリンク

血液がスムーズに行きわたり、体の芯からがじんわりと温まってくるのです。

このとおり、「生姜」は、「冷え症」改善の特効薬といっても良いでしょう。

冷え性によい生姜の上手な保存方法は?

 

「冷え性」の改善に役立つ「生姜」ですが、保存性はどうなのでしょうか。

「生姜」は生ものですので、あまり保存しておけないのが難点だと思っていませんか?
   

実は、「生姜」は、夏場で暑くない限り、放っておいても1ヶ月くらいは平気で保存できる

のです。

とはいえ、これには条件があります。

「室内で密封した容器に入れておくこと」です。

保存環境が「生姜」に合っていれば、3ヶ月くらいもたせることも可能です。
 

さらに、「生姜」を長期保存したい場合は、「生姜」をすりおろして冷凍しておきましょう。

毎回使う分だけを製氷機などに小分けにしておけば、いざ使う時にとっても便利ですよね。
 

また、水につけておくというのも、方法の1つです。

「生姜」を水につけておくことで、生姜本来のみずみずしさが楽しめます。

ただし、この保存方法では、水につけて数日経つと、「生姜」が水に溶けだしてしまいます。

そして、食べられない部分が出てきてしまうので、水につけたら2~3日で使いきるように

しましょう。
 

ちなみに、「生姜」を保存する最適な ” 温度 ” は、「15℃」で、

” 湿度 ” は、「90%」です。

「生姜」って、意外にも ” 多湿 ” のところが好きなのですね。

さいごに

「冷え症」改善のエキスパートである「生姜」。

上手に活用して、寒い冬を乗り越えたいですよね。

ちなみに、私は、大好きな紅茶の中にすりおろした「生姜」を入れて飲んでいます。

これを飲むだけで、体がぽかぽかになるんですよ。

あなたも、自分なりの「生姜」の楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか♪

スポンサードリンク

 - 食べ物 ,