ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

赤ちゃんが鼻づまりで寝れないときの対処は?病院に行くなら小児科?

   

初めての子育てとなると、いろんな疑問や悩みがありますよね。

とくに、赤ちゃんの健康については、大人とは違うので、どうしたら良いのかと

悩むことが多くなります。

そのなかでも、「鼻づまり」は、よく起こる症状ではないでしょうか。

そこで、今回は、赤ちゃんの「鼻づまり」について対処法などをご紹介していきます。

スポンサードリンク
  

赤ちゃんが鼻づまりで寝れないときの対処は?

赤ちゃんが、鼻が詰まっていると、夜しっかり寝れなかったりして、可哀相ですよね。

そんな「鼻づまり」の原因から見ていきましょう。
   

赤ちゃんの「鼻づまり」は、鼻水や鼻くそが詰まってしまっているのが原因であることが多いです。

赤ちゃんは、基本的に鼻呼吸なので、鼻水などが詰まっていると、呼吸がしにくい状況となります。

このように、「鼻づまり」のときは、どのように対処すれば良いのでしょうか?

   

(1)ママが口の力で吸う

赤ちゃんの鼻を口で覆い、直接、ママの口で鼻の穴から吸い出してあげる方法です。

両方の穴から同時に吸うと、赤ちゃんの耳に圧がかかってしまいます。

なので、吸わない方の穴を指で塞いで、片方ずつ吸ってあげてください。

赤ちゃんが風邪をひいている場合もあります。

風邪による「鼻づまり」なら、この方法をすると、ママにうつる確率が高くなります。

なので、もし、風邪っぽいなというときは、他の方法が良いでしょう。

どうしても、赤ちゃんが辛そうで、この方法で行うなら、吸い出した鼻水等は飲み込

まないように注意してください。

   

(2)電動鼻水吸引器を使う

耳鼻科でも使われるような吸引器のように、片方ずつ吸引できるので、素早く行えます。

尚且つ、口で吸い上げるのと同じように、鼻の奥の粘膜を傷つけずに済みます。

   

(3)こよりやベビー綿棒を使う

ティッシュで作った細いこよりやベビー綿棒で、鼻の穴の入り口付近をくすぐる様にして、くしゃみ

を促してあげる事で解消させる方法です。

スポンサードリンク

ただし、鼻の奥まで入れすぎないことと、鼻の粘膜を傷つけないよう、気を付けながら行ってください。

また、赤ちゃんが不意に動くと危険なので、その点も気を付けてくださいね。

   

あとは、湿度管理をしたり、入浴で血行を良くしてあげるのも、「鼻づまり」の解消につながります。

赤ちゃんの鼻づまりで病院に行くなら小児科?

赤ちゃんの「鼻づまり」が解消できないときは、病院に行ったほうが良いのどうか悩むでしょう。

また、どのくらいの症状で受診するのが良いのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

   

「鼻づまり」の場合、「耳鼻科」に連れて行った方が良いのか悩むでしょうが、まずは、小児科

受診しましょう。

そこで、症状等を見てもらい、耳鼻科の受診が必要であれば、耳鼻科に連れていきましょう。

   

では、「鼻づまり」で、病院に連れて行ったほうが良い症状をまとめておきます。

・熱が出ている

・咳が出て辛そうにしている

・痰が絡み、寝づらそう(寝つきが悪い)

・母乳やミルクが飲めない

・鼻水が数日続いている

・自宅で鼻水を吸い取らせてくれない

・過去に鼻づまりが原因で中耳炎になったことがある

・ブヒブヒという口呼吸をしている

・鼻水の状態が粘りっこい

・鼻水の色が黄色、緑、茶色っぽい

・何日もぐっすり眠れない、いびきをかく

上記のような症状が見られる場合は、病院に行ったほうが良いでしょう。

上記以外でも、「おかしいな」と感じる症状があれば、受診しましょう。

   
赤ちゃんの「鼻づまり」は、ただの鼻づまりではなく、風邪などの病気の可能性もあるので

注意してあげましょう。

さいごに

赤ちゃんは、体調が悪くても、言葉で説明できないので、大人がしっかりと様子を観察しなけ

ればいけません。

病院を受診するかどうか迷った時は、受診して安心したほうが良いのではないでしょうか。

ママの方も、体調に気を付けて、親子で元気に過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん・子供