ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

柿の木の剪定は冬にするべき?翌年の収穫をよくする剪定方法と注意点

   

「柿」は、秋に実がなり、冬に入り始めると、実が全て落ちてしまいます。

そのため、庭の柿の木の剪定をするとしたら、秋が過ぎ去ってからがチャンスです!

でも、剪定の作業は、普段慣れていないと、どうしても戸惑ってしまいますよね。

そこで、今回は、柿の木の剪定方法と、その注意点についてまとめました。

スポンサードリンク
  

柿の木の剪定は冬にするべき?

そもそも、柿の木は、なぜ剪定をしなければならないのでしょうか?

   
それは、剪定せずに放置すると、根から得た栄養分が分散してしまうからです。

枝に大きな柿の実を育てるには、栄養分を少数のポイントに集中させる必要があります。

剪定をしなければ、枝や葉がたくさんあり過ぎて、栄養分があちこちにいってしまいます。

その結果、翌年、小さな実ばかりができてしまい、大きな実が1つもできないなんてことに

なってしまうのです。

 
また、剪定をしないと、小さな枝がたくさん育って、込み合ってしまいます。

これにより、太陽の光が細部まで行き渡らなくなり、発育が悪くなってしまいます。

 
このようなことにならないためにも、剪定が不可欠なのです。

   

では、気がついた時に、いつでも剪定してもよいのかというと、そうではありません。

柿の木の剪定は、11月頃~2月中に済ませるのが理想です。

11月頃といえば、ちょうど柿の木が実や葉を落とす時期ですね。

この時期以降であれば、木や実を傷つけずに剪定をすることができます。

そのため、柿の木の剪定をするのは、冬の時期であると考えてください。

翌年の収穫をよくする柿の木の剪定方法と注意点

柿の木の剪定を行う時は、まず「剪定バサミ」と「ノコギリ」を用意しましょう。

枝の細い部分は「剪定バサミ」、太い部分は「ノコギリ」で行っていきます。

スポンサードリンク

剪定作業に入る前は、「どのような樹形にするか」という完成形をイメージしておきましょう。

完成形さえ決まれば、作業が行いやすくなります。

   
いよいよ作業に入ったら、まず内側を向いて育っている枝は、全て切ってしまいます。

このような枝は、日光や風を遮ってしまい、他の枝の発育を妨げてしまうからです。

   
次に、木の高い部分にある枝は、できるだけ減らしておくようにします。

この部分に枝があり過ぎると、高い所に実がたくさんできてしまう可能性があります。

その結果、収穫する時、わざわざ脚立を使わなければならなくなり、作業が大変になって

しまいます。

また、枝を上に伸ばして木を高くするより、枝を横に伸ばしていくほうが、柿の実がつき

やすいといわれています。

なので、収穫をよくするためにも、上に高く伸びている枝は切っておきましょう。

   
つづいて、剪定を行うにあたっての注意点をお話していきます。

柿は、前の年に実をつけた箇所から20~40cmくらい先の枝先に、次の実をつけます。

そのため、剪定をする際は、「翌年どのあたりに実をつけるのか」ということを計算しながら

行いましょう。

無計画に枝先を切り落とし過ぎるのはNGです!

また、剪定を行う時は、木の幹を傷つけないように気をつけてください。

幹が傷つくと、その傷口から菌が入り込んでしまいます。

その結果、木全体が腐ってしまうという最悪な事態になることもあります。

さいごに

柿の木の剪定は、実や葉が完全に落ちた後である、11月以降の冬の時期に行いましょう。

そして、完成形をイメージし、「切り落とす枝」「残す枝」を計算しながら行ってください。

いずれにしても、剪定はかなり体力と神経を使う、大変な作業です。

危険のないよう、安全に作業を行ってくださいね。

自信がない場合は、プロの業者さんにお願いするのも1つの方法でしょう。

スポンサードリンク

 - 栽培 ,