ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

年末調整と確定申告の違いは?副収入があるときの申告時の注意点

   

毎年行われている『年末調整』と『確定申告』ですが、この2つの違いとは何なのでしょうか?

この違いについては、「知らない」という方が意外に多いようです。

また、最近は、インターネットでご自分のハンドメイド品を販売するなどで副収入を得て

いる方も多いですよね。

このように、副収入がある場合、どのような点に注意して申告したら良いのでしょうか?

そこで、気になる『年末調整』と『確定申告』について、詳しくお話していきます。

スポンサードリンク
  

年末調整と確定申告の違いは?

まずは、『年末調整』とは何かということについて説明していきます。

毎月の給与明細を見ると、必ず一定額の所得税が引かれていますよね。

ところが、このまま機械的に一定額が税金として引かれ続けると、「税金の払い過ぎ」という

現象が起きます。

そこで、払い過ぎた税金を、調整して返してもらう必要が出てきます。

その目的で毎年の年末に行われるのが、『年末調整』なのです。

そのため、1月の給与明細等には、「還付」という欄に、払い戻された金額が記載されているの

です。

『年末調整』を行うのは、企業などの組織に勤めている人です。

そのため、会社員や公務員などは、毎年必ず『年末調整』があります。

また、バイトやパートであっても、一定時間働いていた場合は、『年末調整』があります。

この『年末調整』は、勤めている組織の人事課などで行ってくれています。

そのため、個人で申告作業をすることはありません。

   
一方、『確定申告』とは何かというと、こちらも『年末調整』同様、納税のための申告制度です。

『確定申告』をしなければならないのは、経営者やフリーランスなどの人たちです。

いわゆる「組織に雇われていない立場で仕事をしている」という人たちですね。

この場合、毎月の給料から税金が自動的に引かれているわけではありません。

そのため、前年度の収入額に応じた税金を、後払いで払わなければならないのです。

その税金の金額を、税務署に算出してもらうために必要なのが、『確定申告』です。

スポンサードリンク

『確定申告』を行う時期は、毎年2月中旬~3月中旬にかけてです。

この時期に、年間の収入や、仕事にかかった経費などを、税務署に自己申告します。

そして税務署がそれらを総合的に計算し、それぞれに見合った納税額を提示してきます。

申告者は、納税額がわかったら、その金額の税金を後から払うという形になります。

年末調整と確定申告で副収入があるときの注意点は?

さて、会社員であっても、副業で「20万円(※)」を超える収入がある場合は、『確定申告』

行う義務があります。 

   
ところが、『確定申告』を行うことで、副業が会社にバレてしまうことがあるのです!

副業収入の『確定申告』を行うと、住民税の金額が大きくなります。

これが給与明細にも自動的に記載されてしまうため、会社から怪しまれることに・・・。

そこで、それを避けるために、住民税だけは自分で納めてしまいましょう

   
では、自分で住民税を納める方法をお話しします。

確定申告書の「給与・公的年金等以外の所得分の納税方法の選択」という項目を見てください。

そこに「特別徴収(給与から差引き)」「普通徴収(自分で納付)」というものがあります。

その中の「普通徴収(自分で納付)」という方を〇で囲んでください。

これで、住民税の金額を会社に知られることはなくなります。

ところが最近は、これだけでは不十分だというケースも出てきました。

そのため、役所の住民税の窓口で、「必ず普通徴収にしてほしい」と念を押した方が良いようです。

   

 (※)・・・必要経費を引いた後の収入金額。
      20万円以内でも住民税を申告しないといけない場合があります。
      詳しくはお近くの税務署等で確認してください。 

さいごに

『年末調整』と『確定申告』は混同されがちですが、実はこんなにも大きな違いがあります。

また、副収入がある人は、面倒でも、その分の『確定申告』を個人で行わなくてはなりません。

その際、副業が会社にバレてほしくない場合は、忘れずに住民税を「普通徴収」という形にして

おきましょう!

スポンサードリンク

 - 生活 ,