ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

ゴーヤのグリーンカーテンの効果は?虫に強い!?ゴーヤの育て方は?

   

夏に向けて植物での節電対策をお考えなら、
「ゴーヤ」はいかがでしょうか?
昼間は、家にいることが多い方にとっては、
エアコンをガンガンつけるのは気が引けますよね。
「ゴーヤ」のグリーンカーテンなら、節電の他、
節約にもなりますよ。

スポンサードリンク
  

ゴーヤのグリーンカーテンの効果は?

グリーンカーテンにはさまざまなメリットがあります。

★日差しを遮る効果
 
・真夏にはテラスやベランダを葉っぱが覆い、夏の強い
 直射日光をカットします。

★目隠しの効果

・葉っぱが、外部からの視線も遮ってくれるので、目隠し
 の役割も果たします。

★気温を下げる効果

・植物は、根から吸い上げた水を葉から蒸散させて、自分
 の温度が上がらないようにしています。
 この「蒸散作用」によって、放射熱が少なくなり、周囲
 の気温を下げてくれます。
 また、蒸散によって気温が下がった葉の間を通り抜けて
 くる風も涼しくなります。

★新鮮な空気を届けてくれる効果

・植物の「光合成」により、新鮮な酸素を運んでくれます。

★育てる&収穫する楽しみがある

そして、このグリーンカーテンにおすすめなのが
「ゴーヤ」です。

「ゴーヤ」は、1年生のウリ科の植物です。
栽培に関しての特長をご紹介します。

●地植えのほか、マンションのベランダなど、プランター
を利用した少規模栽培ができる。

●大きな棚作りが不要で、栽培面積も比較的少なくてすむ。

●病害虫に強く育てやすい。

●日本の広い地域で栽培が可能。

●食用である。

このように、比較的簡単に育てることができます。

ゴーヤのグリーンカーテンは虫に強い!?

植物は育てたいけど、虫が苦手という方もいらっしゃる
でしょう。そんな方に、虫がつきにくく、虫に強い植物
をご紹介します。

★ゴーヤ

★琉球朝顔、西洋朝顔

日本の普通の朝顔は、 葉があまり多くない。
「琉球朝顔」のオーシャンブルーなどは葉が多くて人気。
とても強健。
「西洋朝顔」は、つるがあちこちに伸び、太くて丈夫。
庭で雑草化する恐れもある。

★パッションフルーツ

生育が早く、病害虫に比較的強い。
カーテンのほか、花や香り、そして果実を楽しめるの
で、人気。
ただし、栽培は、初心者には少し難しく、上級者向け。
乾燥に弱いので、ゴーヤより手間がかかる。 
栄養面では、「葉酸」が果物の中でも最も多いと言われ
ている。

ただし、咲いた花には、虫が寄ってくるので、
全く虫のつかない植物はありません。

もし、虫がついてしまったら、以下の方法を
お試しください。

●葉の裏にアブラムシがついたら牛乳スプレー

牛乳を2~3倍に水で薄めてスプレーします。
牛乳が乾くときに出来る薄い膜でアブラムシが窒息死
します。
ゴーヤはアブラムシ以外の虫がほとんどつかないので、
この方法を知っておくと便利です。
牛乳スプレーなら、食べるときも安心です。

●カメムシには

まだ実がつかない早い時期であれば「スミチオン」。
収穫が近い時期なら「天然由来成分の殺虫剤」。
ベニカマイルド、ハイベニカなどのスプレー剤が
よいでしょう。

●害虫駆除の粘着シート

ホームセンターで入手できます。

ゴーヤのグリーンカーテンの育て方

では、ゴーヤの育て方をご紹介します。

(用意するもの)

・ゴーヤの苗
・プランター
・培養土(元肥入り)
・肥料・園芸用ネット
・支柱

スポンサードリンク

 
(ゴーヤ栽培スケジュール)
   
植え付け:5月はじめから6月上旬
ネット張り:6月はじめから
収  穫:7月初旬から9月中旬   

(栽培方法)

(1)植え付け:6月上旬まで

苗と苗の間は、約30~40㎝あけます。
ゴーヤは根がよく張る植物なので、プランターには、
余裕をもたせて1~2苗で育てます。

※苗を選ぶ場合
苗は、葉がしっかりとした緑色をしていて、節と節の間が
詰まったものを選びます。
葉に虫が付いていないかもチェックしましょう。
元気があり、双葉、初生葉(しょせいよう)が残っていて、
本葉が2枚ほどついているものを選ぶと良いでしょう。

※プランターの大きさ
1~2株植えるのであれば、
深さ:30㎝、横幅:60~90㎝、縦幅:30㎝くらいのもの
が最低限必要です。

 
(2)ネット張り

ネット張りのポイントは、上下左右のネットをできるだけ
ピンと張って設置することです。
たるんでしまうとつるがまっすぐに伸びなかったり、
密生してしまうので、しっかりとネットを張りましょう。

(3)つるの摘芯と誘引

「摘芯と誘引」が、グリーンカーテンをつくる際の一番
のポイントです。

「摘芯」・・・苗の本葉が6~7枚になったら、親づるの
       先を摘みます。
       このように摘み取ったつるのわきから、
       新しいつるが出てきます。

「誘引」・・・伸びた子づるを横に誘引して、ネットに
       止めます。
       これにより、ネットの端まで葉で覆われた
       カーテンが出来上がります。

下のほうの葉が密生してきたら、適度に摘んで風通しを
よくしましょう。

(4)追肥

植え付け後の約1ヶ月後から、2~3週間おきに化成肥料
をあげましょう。根から少し離れた土面に施します。

(5)受粉

つるが伸びてくると、黄色い花が咲きます。はじめは、雄花
がほとんどですが、だんだん雌花が増えてきます。
本来は、ミツバチなどが受粉をしてくれますが、マンション
などで育てる場合は、雄花と雌花のおしべとめしべをつけて
人工受粉してください。

(6)収穫

ゴーヤーの表面のイボイボが膨らんできたら、収穫時期です。
実がなってから、約2週間を目安にします。
時間がたつと黄色くなって、破裂するので注意してください。

(水やり)

朝の涼しい時間帯が、水やりに適しています。

土の表面が乾いたら、根元から水をたっぷりとあげましょう。
プランターの下から水が出るまでしっかりと与えてください。

真夏は、葉がしおれていたら、夕方にも与えてください。

(乾燥対策)

土の表面にワラや木のチップ・枯れた葉・腐葉土を敷くと
乾燥対策として効果的です。

(種の採取)  

来年の栽培のために、いくつかの実をそのまま熟させ、
種をとっておくとよいでしょう。

ゴーヤの実がオレンジ色になったら、種を取ることが出来ます。
取った種は、陰干しをしてから紙袋などに入れて保管します。
高温多湿な場所では保管に向きませんので、ご注意ください。

まとめ

上手に育てた「ゴーヤ」は、節電効果バッチリです。
さらに、その育てた「ゴーヤ」を料理に活用すれば、
食費も節約できます。
「ゴーヤ」には、栄養もたっぷりなので、健康にも
役立ち、うれしいメリットが沢山あります。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

スポンサードリンク

 - 生活