ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

喘息の症状?大人で発症することも!?症状と原因をチェック!対処法は?

   

ひと昔前までは、『喘息』は子どもがかかる病気だと思われていました。

しかし、大人になってから『喘息』に苦しむ人が、今とても増えています。

風邪かなと思っていた症状がなかなか治らない場合などは、『喘息』かもしれません。

大人になってから急に『喘息』が起きてしまうのは、なぜなのでしょうか?

そして、発作が起きた時は、どのように対処したら良いのでしょうか?

今回は、大人になってから発症する『喘息』の症状と原因、そして発作の対処法について

ご紹介します。

スポンサードリンク
  

喘息の症状?大人で発症することも!?症状と原因をチェック!

季節の変わり目は体調を崩しやすいですよね。

こんな時に風邪を引くと、咳だけが治らずに長引くことがあります。

この場合、その症状は『喘息』によるものかもしれません。

まずは、『喘息』の主な症状を見ていきましょう。

● 呼吸や胸が苦しい

● 痰がからむ

●「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」といった違和感がある

● 就寝前~明け方に激しい咳が続く

● 息切れがする

このような症状があれば、『喘息』かもしれません。

風邪だと思って、市販の風邪薬を飲み続けると、風邪薬の成分によって、『喘息』を悪化

させることもあります。

なので、「喘息かも・・・」と思い当たる症状があれば、早めに病院に行きましょう。

そして、適切な治療を受けてください。

   
では、大人になってから突然『喘息』を発症するのはなぜでしょうか?

   
大人になってから発症する『喘息』には、考えられる原因がいくつか存在します。
   
1番多いと考えられているのは、「ダニ」や「ハウスダスト」です。

「ダニ」や「ハウスダスト」を長年の間吸い込んでしまうと、体がアレルギー反応を起こします。

この ”アレルギー反応 ” が、喘息の発作となって現れてしまうのです。

また、花粉に対するアレルギー症状の1つとして、喘息が起きるというケースも増えています。

花粉を気道に吸い込み続けた結果、体がアレルギー反応を起こします。

これが、喘息発作を引き起こしてしまうのです。

さらに、カビやペットの毛なども、アレルギーによる喘息の原因になることも・・・。

喘息を引き起こす原因は、日常生活の中に潜んでいるのです!

   
では、アレルギー以外の原因についてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

   
まず、大きな原因の1つとして挙げられるのが、「タバコ」です。

タバコの煙は、気道に大きな刺激を与えてしまいます。

これかきっかけとなって、喘息を発症してしまう人も多いようです。

特に、長年タバコを吸い続けている人は、それだけ気道にダメージを与えています。

なので、喫煙者の皆さんは注意しなくてはなりませんね。

   
次に多い原因は、「免疫力の低下」です。

でも、免疫力の低下が、そのまま喘息に繋がるかというと、そうではないのです。

例えば、” ストレス ” や ” 疲れ ” などで免疫力が落ちているとします。

そのような時に、風邪をひいたり、インフルエンザにかかったりすると、当然悪化しますよね。

これこそが、まさに喘息の原因です。

風邪やインフルエンザなどの悪化の延長で、喘息を発症することがあるのです。

喘息症状である発作への大人の対処法は?

では、実際に喘息発作が起きた時は、どのように対処すれば良いのでしょうか。

   
まずは、ラクな体勢になりましょう。

ラクに呼吸ができる体勢になることがポイントです。

そして、できるだけ衣服をゆるめ、体を締め付けないようにしてください。

その状態で、発作治療薬という、吸入タイプの薬を吸い込みます。

その後、1時間くらい様子をうかがってください。

自然に発作が治まっていきます。

しかし、1時間以上発作が治まらなければ、病院へ行く必要があります。

   
また、発作が起きた時は、温かい飲み物を飲むこともオススメです。

水分を取ると、呼吸がラクになるという効果が期待できるからです。

しかし、冷たい飲み物は刺激が強いので、喘息発作の時はNGです!

   
いずれにせよ、喘息発作が起きた時は、発作治療薬が必要です。

自然に発作が治まることはないと考えてください。

なので、喘息を発症したら、早い段階で必ず病院へ行きましょう。

そして、常備薬を処方してもらうようにしてください。

さいごに

大人になってから突然『喘息』を発症するということは、実はよくあるケースです。

なので、ひどい咳や息苦しさなどの症状が出たら、早めに病院に行くようにしてください。

また、発作が起きた時は、まずは落ち着いて呼吸を整えることが大切です。

そして、そのまま放置せず、病院で処方された薬を服用してください。

スポンサードリンク

 - ヘルスケア ,