ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

本当に怖い!?歯周病と歯肉炎と歯槽膿漏の症状の違いは?治療と予防!

   

口の中の怖い病気は、虫歯だけではありません!

実は虫歯以上に怖いのが、歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏だと言われています。

この3つは、一見すると似ているように感じますが、少し違います。

そこで、歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏の症状の違いと治療や予防方法について

お話していきます。

スポンサードリンク
  

歯周病と歯肉炎と歯槽膿漏の症状の違いは?

ではまず、歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏の違いについて詳しく見ていきましょう。

まずは『歯周病』です。

歯周病は、「細菌が原因で起きる歯茎の病気全般」を指しています。

なので、歯茎の病気である歯肉炎も歯槽膿漏も、歯周病の中の症状の1つです。

では、歯周病は何が原因で起きるのでしょうか。

その原因とは、磨き残した食べカスと歯石です。

これらを放っておくと、歯周病の原因となる細菌が棲みついて増殖してしまうのです!

それによって歯茎が炎症を起こしてしまうのが、歯周病です。

   
次に、『歯肉炎』について見ていきます。

歯肉炎は、比較的軽度の歯周病です。

日頃の歯磨きが十分でないという状態が続いた時に起こります。

具体的な症状は、歯茎と歯の間の炎症や、出血などです。

ちなみに、歯肉炎は年齢が若い人でも起こることがよくあります。

   
歯肉炎が悪化すると、さらに怖い『歯槽膿漏』になります。

歯槽膿漏は、歯肉炎がさらに悪化してしまったものです。

歯槽膿漏になってしまうと、歯肉炎の症状に加え、激しい口臭や知覚過敏の症状が出てしまいます。

さらに進むと、歯茎の激痛に苦しんだり、歯が抜けてしまったりすることも・・・。

歯周病 歯槽膿漏

そして、本当に怖いのはここからです。

歯槽膿漏とは、歯周病の原因菌が、急激に大量発生して起きるものです。

その大量発生した菌が、内臓にまで流れ込んでしまうこともあるのです!

その結果、心臓疾患や脳疾患など、命に関わるような病気を引き起こすことも・・・。

決して「歯槽膿漏なんて、たかが口の中の病気」などと侮ってはならないのです。

歯周病の治療はどんなの?

では、歯周病になってしまったら、どのような治療をするのでしょうか。

スポンサードリンク

歯肉炎の場合も歯槽膿漏の場合も、まずは歯医者さんに行きましょう。

自然治癒を期待して、放っておいてはいけません。

歯科医による、きちんとした治療と指導が必要です。

歯肉炎の場合は、一定期間、正しい歯磨きの指導を受けるだけでOKです。

磨き残しのないように、丁寧に歯を磨く方法を教えてもらいます。

それを続けていくうちに、症状は少しずつ改善していきます。

一方、歯槽膿漏の場合は、歯科でクリーニングと治療を受ける必要があります。

まずは、クリーニングで、歯槽膿漏の原因菌を徹底して取り除きます。

その後、必要に応じた治療が始まりますが、この治療はかなり大掛かりになります。

場合によっては、歯茎の手術をすることもあります。

歯周病を予防するには?

一度発症すると怖い歯周病ですが、日頃から予防しておけば心配ありません。

日頃のケアで大切なのは、歯周病の原因となる歯垢をしっかりと除去することです。

歯ブラシで歯の根元を丁寧にブラッシングしましょう。

それと併せて行いたいのが、「デンタルフロスや歯間ブラシの使用」です。

歯ブラシだけでは、歯の間の汚れを落とすことができません。

この汚れが、歯周病の原因菌の住処になってしまうのです!

そこで、デンタルフロスや歯間ブラシを1日に1回は必ず使い、徹底して汚れを落としましょう。

次に、「寝る前と寝起きに、デンタルリンスで口の中の消毒をする」ということです。

寝ている間は、歯周病の原因菌が爆発的に増えてしまいます!

そこで、しっかりデンタルリンスで口の中を消毒し、増えた菌を除去しましょう。

これ、口の中がサッパリして気持ちいいですよ。

そして最後に、年に1~2回は、歯科での定期検診を受けましょう。

万が一歯周病が見つかっても、定期検診を受けていれば、重症にならずに済みます。

面倒がらずに、必ず受けに行くようにしてくださいね。

歯周病 歯槽膿漏

さいごに

一度発症すると厄介な歯周病ですが、日頃から予防しておけば大丈夫です。

歯と歯茎、そして口の中を、いつも清潔に保つように意識してください。

また、歯科の定期検診も忘れずに!

そして、もし歯周病になってしまったら、早めに治療を受けて、悪化を防ぎましょう。

スポンサードリンク

 - ヘルスケア ,