ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

紅葉の写真をきれいに撮りたい!撮り方のコツとライトアップ時は?

   

山や里の木々が赤や黄に色づく季節になると、なんとなく落ち着かなくなりませんか。

自慢のカメラが本領を発揮したくて、手ぐすね引いて待っているようです。

秋の行楽に出かけたときは、持参したデジタルカメラの出番です。

柔らかい光のシャワーを浴びた紅葉(写真)を撮って、友だちに自慢しましょう。

「美しい風景を美しいまま残せるような写真を撮りたい。

だけど見栄えのする写真はなかなか上手く撮れない・・・」

そんなためらいがちな方に、紅葉写真をきれいに撮るためのヒントをご紹介します。

スポンサードリンク
  

美しい紅葉写真の撮り方!きれいに撮るちょっとしたコツとは?

紅葉 写真 オリジナル

(撮影者:goodtree)

   
まず、紅葉の写真だから、紅葉にピントを合わせることが大切です。

黄色から赤く色づく山の季節。

その時間差による斑(まだら)模様のどこにピントを合わせたらいいのか悩みどころです。

どのような写真を撮りたいかを考えながら、じっくりと全体を見回してみましょう。

そして、頭の中でおよその構図を決めるとスムーズに進行します。

カメラのセンサーは明るい部分に反応しやすいので、空が明るければ紅葉した山側ではなく、

晴れた青空に反応して肝心な山のポイントがピントずれになるおそれがあります。

ピントをしっかり合わせることで、明るめの山に合わせた写真が撮れるので、紅葉もきれいに

写すことができます。

山や樹木全体を撮るのも良いですが、思い切って樹木の葉のアップを撮るのもおすすめです。

鮮やかな葉のアップは、秋を実感できる写真になります。

その際は、三脚を使用するか、両肘と脇をしっかり締めて固定することが大切です。

スポンサードリンク

このようにすることで、ブレることもなく鮮明な写真が撮れます。

ピンボケしては、写真の価値を下げてしまい、とても残念な気持ちになりますよね。

   
それから、写真撮影では、太陽光の位置を常に計算しておくことも忘れてはいけません。

本来は順光で撮るのが一般的ですが、思い切って枝の梢(こずえ)の隙間から漏れる光に向かって

構える逆光も計算外の結果が出るので面白いでしょう。

ライトアップされた紅葉写真の撮り方のコツは?

ライトアップされた紅葉も趣があり、美しいですよね。

そんな紅葉の写真は、スマホでも撮ることはできます。

しかし、立体的かつ奥行きを出そうとした場合は、やはりデジカメに頼らざるをえません。

例えば、樹木全体を撮るなら、望遠で倍率をあげるのも一案です。

余り倍率がないのなら、近づいて一部分を強調する方がインパクトがあります。

   
また、逆に地面に散っている落葉を姿勢低くして撮れば、また違ったアングルでの発見があります。

そのほか、池や水たまりに浮かぶ紅葉も見逃せない被写体で、秋の寂寥感(せきりょうかん)を出

せます。

水面に照らされた照明を上手く取り込めば、それも面白い色彩になるでしょう。

その際は、暗くならないように、葉の表面と水面が光るようにすることで新鮮味をとらえることが

できます。

   
こうして、夜の暗さをライトアップの作用でカメラの弱点を上手くカバーできるから、今までにない

作品に仕上がります。

作品の良し悪しは、「驚き」「構図」「意外性」が基準になるのではないでしょうか。

赤い紅葉を、同じようによく似た背景にしても、余りにベタ過ぎて面白味がありません。

いっそのこと人物に焦点を当てて大きく、背景のライトアップされた紅葉が遠く小さくなる遠近法を

使うのも印象深い写真を撮る工夫のひとつです。

さいごに

最近のカメラは性能が格段に向上しています。

使い方を熟読して、素早く対応できるように練習をしておきましょう。

失敗しても消去すればいいだけのデジタル写真。

たくさん撮ってその中の佳作を保存すればいいのです。

紅葉の写真で、秋の自然美をきれいに残せるとよいですね。

スポンサードリンク

 - レジャー ,