ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

入浴後の肌のかゆみは何が原因?かゆみを抑える対処法とポイント

   

お風呂上りにお肌のかゆみで悩まされることはありませんか?

お風呂に入って、全身綺麗にしただけなのに、どうしてお肌がかゆくなってしまうんでしょうか。

特にお肌を傷つけるようなことをした覚えはないのに、この ” かさかさ” や ” むずむず” といった

かゆみは一体何なんでしょう。

「しっかり洗ってお肌の汚れを落としたはずなのにどうして?もしかして洗い残し?」なんて不安に

なってしまいますよね。

確かに、洗い残しもお肌のかゆみの原因の1つと考えられるのですが、実はそれ以外にも大きな原因

が考えられるんです。

今回は、「入浴後のお肌のかゆみの原因と対処法」について、一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク
  

入浴後の肌のかゆみは何が原因?

お風呂上がりにお肌がかゆくなってしまう原因は、自分のお肌に合わないボディソープを使ってい

ることや、お風呂で擦りすぎてしまい、そのせいでお肌にダメージが残ってしまう事、お肌にアレル

ギーがあったり、乾燥で弱っていることが挙げられます。

お肌に合う、合わないは、洗い上がりのお肌の感じや、しばらく使ってみて、自分のお肌がどうなっ

ているかで判断できます。

洗い上がりがしっとりとしていて、特に赤みやかゆみ、痛みなどがないのであれば、あなたのお肌に

使っても大丈夫な商品です。

もし、元々お肌が弱くて新しいものに挑戦するのが心配な方は、お肌に優しいタイプや、赤ちゃんに

も使えるタイプのものを、選ぶとよいでしょう。

   
また、知らず知らずのうちに、体をごしごしと強く洗ってしまっている場合があります。

あまりこすりすぎると、お肌にダメージが与えられ、かゆみや肌荒れ、色素沈着などの原因にもなり

ます。

なので、お肌を洗う時は、手や軟らかいスポンジで、力を入れすぎないように洗いましょう。

   
上記以外にも、熱すぎるお風呂や長風呂なんかもお肌を乾燥させ、かゆみの原因になってしまいます

ので、かゆみがある時には控えるようにしましょう。

入浴後の肌のかゆみを抑えるには?対処法とポイント

では、お風呂上がりのお肌のかゆみを抑えるには、一体どうしたらいいのでしょうか。

スポンサードリンク

   
それには1にも2にも「お肌の保湿」です。

ここではご自宅で出来る、お肌の保湿方法をご紹介していきますので、ぜひ実践してみてください。

お肌をかゆみから解放するために大切なのは、健やかなお肌を保つためのお手入れを毎日ちゃんと行

うことです。

お顔は毎日しっかりとお手入れしているけど、身体のお手入れはあまりやっていないという方が案外

多いのではないでしょうか。

   
≪ かゆみを抑える対処法 ≫
   
① ボディクリームを使う

お風呂上がりに、出来る事なら身体を拭いた後すぐに、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの

保湿成分の入ったボディクリームで、全身をしっかり保湿してあげましょう。

伸びが良くて塗りやすいタイプのものがおすすめです。

   
② 石けんやボディソープはお肌に優しいものにする

お肌に刺激を与えないようにするのも大切です。

基本的には、弱酸性のお肌に刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

また、石けんやボディソープにも保湿成分が含まれているのものありますので、そのような商品を使っ

てみるのもいいですね。

   
③ 入浴剤を使う

背中などの手の届きにくい部位にも、かゆみや乾燥は襲ってきます。

このような部位は、お風呂で丁寧に洗うのも、お風呂上がりにクリームを塗るのも大変ですよね。

その場合には、しっとり保湿タイプの入浴剤を使うと、かゆみ抑制に役立ちますよ。

   
入浴後のお肌のかゆみを抑えるポイントは、『保湿』と『お肌への刺激を抑える』です。

高価なボディークリームなどを購入するのではなく、お肌に優しい成分で作られている商品を使うよ

うにしましょう。

さいごに

いかがでしたか?

お風呂上がりの乾燥によるかゆみは、その時だけではなく、夜の就寝時まで尾を引いてしまうことが

あります。

ひどい時には、そのかゆみで、なかなか寝付けなかったり、目が覚めてしまったりと熟睡出来なくな

ってしまいます。

ちょっとでもかゆみを感じたら、早めのケアを心がけましょう。

スポンサードリンク

 - スキンケア ,