ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

赤ちゃんが夏に寝るときの暑さ対策!あせもの対策はどうすればよい?

   

もうすぐ夏本番。

赤ちゃんがお昼寝から目覚めて、いざ抱っこすると髪の毛が汗でびっしょり。

衣服もなんだか湿っぽい…なんてことがしょっちゅう起こります。

赤ちゃんって大人よりも体温が高いですいし、体温調節が上手ではありません。

しかも、まだしゃべれないので、自分で「暑い!」と意思表示することもできません。

だからといって、暑いのは可哀そうだし、熱中症も心配ですよね。

さらに赤ちゃんはお肌も弱く、ちょっとした汗でもあせもになりやすいもの。

夏本番の暑い時期を快適に過ごすには、一体どうしたらいいのでしょうか?

今回はそんな、赤ちゃんの夏の寝る時の暑さ対策と、あせも対策について一緒に

勉強していきましょう。

スポンサードリンク
  

赤ちゃんが夏に寝るときの暑さ対策は?

夏の暑い夜。

考えただけでも汗が出てきそうですよね。

私達大人だって暑いのに、赤ちゃんは、大人よりもずっと不快な思いをしているんです。

なんとかしてあげたいですよね。

そんな時、一体どうしたらいいのでしょうか。

① エアコンを活用する

定番中の定番かもしれませんが、寝る時にエアコンを使いましょう。

エアコンをつけることによって、赤ちゃんも快適に眠ることができます。

しかし、

● 設定温度を低くし過ぎない

● エアコンの風が赤ちゃんに直接当たらないようにする

という点には注意したいところ。

エアコンをガンガンつけてしまうと、かえって赤ちゃんの体を冷やし過ぎてしまいます。

赤ちゃんの快適に過ごせる温度は『26~28℃』です。

この温度設定でエアコンを使っていきましょう。

② 眠る布団を見直す

上記にも書いたように、赤ちゃんは寝ている間にたくさんの汗をかきます。

スポンサードリンク

自分のかいた汗で蒸し暑くなり、何度も泣いて起きてしまう…なんてこともあります。

そんな時には、吸水性の高い布団を使うことによって、暑い夏でも蒸れることなく

ぐっすりと眠ることができます。

また、冷たく感じる敷きパッドなどを敷いてあげたり、かけ布団を通気性のいいものに

するのもいいでしょう。

赤ちゃんの夏のあせも対策は?

赤ちゃんには、あの小さな体に大人と同じだけの汗腺があるので、とても汗をかきやすく、

あせもになりやすいもの。

一体どうしてあげたらいいのでしょうか?

① ぬるめのお風呂にする

お風呂は元々熱がこもりやすく、お風呂が熱いと余計に汗をかいてしまい、あせもの原因

になります。

ぬるめのお風呂に入り、汗をかきにくくするのがポイントです。

② ステロイド剤を使う

もしも、すでにあせもが出来てしまっていたり、痒がって泣くようなら、ステロイド剤を

使用してあげましょう。

皮膚科などで処方してもらえますし、薬局にも売っています。

薬局で購入する際には、薬剤師さんに相談してから買うと安心ですね。

③ こまめにオムツや衣類を変える

赤ちゃんは自分の意思で、着替えたりオムツを変えることができません。

とくにオムツは汗や排せつ物で蒸れやすいので、注意が必要です。

おむつ交換のタイミングだけでなく、オムツを換えてあげたり、こまめに清潔で乾燥した

衣服に取り換えてあげましょう。

さいごに

赤ちゃんはとにかく汗をかきやすく、お肌も弱いのであせもになりやすいんです。

そんな時にはエアコンを使い、快適な温度で寝かせてあげましょう。

あせもには、こまめな衣服やおむつ交換、そしてぬるめのお風呂が効果的です。

私達大人に出来るちょっとの工夫で、赤ちゃんに快適な夏を過ごさせてあげましょう。

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん・子供 ,