ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

ゴールデンウィークに初めての沖縄☆子連れプランとおすすめスポット

   

春は、進学・進級で親子ともども慌ただしい日々が続きます。

そんな日々を過ごしているうちに、すぐにゴールデンウィークとなります。

ゴールデンウィークには旅行を予定されているご家族も多いでしょう。

旅行先として人気が高いのが『沖縄』です。

のんびりとした印象の『沖縄』では、家族で休日を過ごすのにぴったりの地です。

初めての『沖縄』なら、どのようなプランにすればよいのか悩まれるでしょう。

ゴールデンウィークは、『沖縄』各地で混雑が予想されるので、さらに悩ましいでしょう。

今回は、『沖縄』に子連れで行かれる場合のプランやおすすめスポットを

ご提案させていただきます。

ご参考にしていただけると幸いです。

スポンサードリンク
  

ゴールデンウィークに初めての沖縄☆子連れ旅行でのプランは?

初めて『沖縄』を訪れるなら、行ってみたいところが沢山あるでしょう。

しかし、『沖縄』には、JRなどの鉄道がありません。

ですから、観光する際には、レンタカーを利用される方が多いです。

特に、お子さんが一緒の場合は、レンタカーでの移動が楽でしょう。

レンタカーで観光地を巡る際に留意したいのが、「交通渋滞」です。

ゴールデンウィークの期間中は、各地で混雑や渋滞が予想されます。

プランをたてる際には、「交通渋滞」を考慮したものにしましょう。

最も重要なのが、最終日です。

最終日までレンタカーを借りている場合は、レンタカーを返却しなければ

なりません。

レンタカーの返却は、「フライトの90分前まで」といったところが多いです。

これは、渋滞やトラブルなどを想定してのことです。

なので、最終日は、空港に近いスポットを観光するようにするとよいでしょう。

そして、プランを詰め込みすぎないようにしましょう。

お子さんのペースで楽しめることが大切なので、余裕を持たせたプランにする

ことがおすすめです。

最初の日は、宿泊するホテルに向かう途中にあるスポットを観光し、2日目からは

遠い所へ出掛けるといったプランが無難です。

『沖縄』が初めてなら、『首里城』は、外せないスポットです。

お子さんにはちょっと退屈かもしれませんが、『首里城』は見ておきたいスポット

でしょう。

『首里城』での所要時間は、それほどかからないので、初日に訪れておくとよいかも

しれません。

ゴールデンウィークの沖縄でのおすすめスポット

2日目からは、お子さんが楽しめるスポットを中心としたプランとなるでしょう。

では、お子さんが楽しめるおすすめスポットをご紹介します。

   
★『沖縄美ら海水族館』(本部町)

【開館時間】夏季(3~9月) 8:30~20:00(19:00入館締切)

【入館料金】大人:1,850円  高校生:1,230円  小中学生:610円

      ※6歳未満は無料

沖縄を代表する観光スポットです。

混雑を避けるなら、開館直後がおすすめです。

または、18時以降に入館すると、そこまで混雑していないでしょう。

スポンサードリンク

「イルカショー」では、イルカの特徴などを知ることが出来て楽しいので、

可能なら見られるとよいでしょう。

ただし、「イルカショー」は、最終が「17:30」になりますので、

遅めに入館される場合は見れないかもしれません。

開館直後に入館する場合は、「11:00」のショーを見ることが出来ます。

その後は、「13:00」「14:30」「16:00」「17:30」

に「イルカショー」が行われます。

夕方から入館する場合は、17:00前後の混雑する時間帯を避けて入館して、

「イルカショー」の席を確保しておくとよいでしょう。

また、5月4日と5月5日は、小中学生の入館料金が無料になります。

そのため、県内にお住いの方も多く訪れるので、とても混雑します。

出来ることなら、この2日は避けた方がよいでしょう。

   
★『ナゴパイナップルパーク』(名護市)

【開館時間】 9:00~18:00(17:30入場締切)

【入場料金】大人:850円  中学生:600円  小学生:450円

      ※小学生未満は無料

『美ら海水族館』から30分ほどのところにあるお子さんには人気のスポットです。

まずは、駐車場から、「パイナップルトレイン」に乗って、入口まで行きます。

入場したら、今度は、カート「パイナップル号」に乗って、園内を散策します。

また、園内にはレストランがあり、食事が出来ます。

こちらの「パイナップルシャーベット」が美味しいですよ。

園内のショップでは、ジュースやワインの試飲が出来たり、お土産を買うことが

出来ます。

こちらでのおすすめは、「パインチョコちんすこう」です。

試食出来るので、気に入れば購入されるとよいでしょう。

また、手でちぎって食べる「スナックパイン」も購入出来ますよ。

   
★『ビオスの丘』(うるま市)

【入園時間】 9:00~18:00(17:00入園締切)

【入園料金】大人(中学生以上):900円  小人(4歳~小学生):500円

      ※乗船料 別途(セット料金あり)

沖縄の森を再現している園内で様々な体験が出来ます。

水牛車に乗って(料金別途)園内を散策したり、ヤギなどの動物とふれあうことも出来ます。

また、カヌー(料金別途)や、アスレチックで楽しむことも出来るので、お子さんが思いっ

きり遊べるスポットです。

※沖縄の日差しは強いので、日焼け止めが必要です。
 

   
これらのスポットをメインとして、周辺の観光スポットに行くようなプランにすると、

無理なく楽しむことが出来るでしょう。

また、「古宇利(こうり)大橋」や「海中道路」を通るようなルートにすると、沖縄の美しい

海を見ることが出来ます。

さいごに

初めての『沖縄』、楽しみですね。

ゴールデンウィークは、各地で混雑するので、余裕のあるプランで、『沖縄』を

楽しんできてください。

素敵な思い出がたくさん作れるといいですね☆

スポンサードリンク

 - レジャー ,