ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

節分豆の余りをおいしく食べるには?残りで簡単料理と活用方法!

   

『節分』には「豆」をまいて、食べる風習があります。

「豆」をまくのも楽しいですし、「豆」を食べるのも美味しいですよね。

このように「豆まき」や「節分豆」を食べるのは、『節分』のときだけといった

ご家庭も多いのではないでしょうか。

そうすると、困るのが、余った「節分豆」です。

今回は、余った「節分豆」のおいしい食べ方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

節分豆の余りをおいしく食べるには?

『節分』の楽しみである「豆まき」ですが、この「豆」が毎年結構余ってしまいますよね。

「節分豆」は、賞味期限が長そうなイメージがありますが、意外と短いのです。

「たくさん余ったから来年も使える~」

と思ったら、残念ながら、それまでに賞味期限が切れてしまいます。

「節分豆(大豆)」の賞味期限は、1年未満となるので、購入されたら確認しておくと

よいでしょう。

翌年の『節分』での「豆まき」用として取っておくのもありですが、縁起物なので、出来れ

ば、残すことなく食べたいところです。

でも、「調理方法が分からなくて、結局処分することになってしまう・・・」といった方も

いらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが、『節分豆(大豆)の炊き込みご飯』です。

固い豆がやわらかく炊き上がり、簡単でおいしいですよ。

栄養豊富な「大豆」なので、残ったら、翌朝の朝食や、お弁当にも最適です!

★『節分豆(大豆)の炊き込みご飯』

【 材 料 】(3合分)

・節分豆(大豆)  35~40g
・米        3合 
・しょうゆ     大さじ 3
・みりん      大さじ 1.5
・酒        大さじ 3
・水        3合の水加減 で調整

・にんじん     1/2本
・油揚げ      1/2枚
・しめじ      1/2株

※具の食材や量は、参考例です。お好みで調整してください。

【 作り方 】

(1)節分豆を水で洗います。

  鍋に豆が浸るくらいの水を入れて、豆を約5分煮て、ザルにあげておきます。

(2)米を洗い、しょうゆ・みりん・酒を加え、3合の水加減より少しだけ

  多くなるように水を入れます。

スポンサードリンク

(3)(2)に(1)の大豆と、切ったにんじん・油揚げ・しめじを加えて、
 
  いつも通り炊飯器で炊きます。

(4)炊けたら、さっくり混ぜて出来上がりです!!

節分豆の残りで簡単料理!

『節分豆(大豆)』の残りで、子どもにも人気の「炊き込みご飯」をご紹介しましたが、

忙しい時は、もっと簡単に作りたいですよね。

そんなときには、”なめたけ”を使って作る「炊き込みご飯」がおすすめです。

調味料も しょうゆ だけなので、楽チンで、美味しく作れます。

★『節分豆(大豆)となめたけの炊き込みご飯』

【 材 料 】(3合分)

・節分豆(大豆)  35~40g

・米        3合 

・なめたけ     1瓶

・しょうゆ     大さじ 1

【 作り方 】

(1)節分豆を水で洗います。

  鍋に豆が浸るくらいの水を入れて、豆を約5分煮て、ザルにあげておきます。

(2)米を洗い、3合の水加減より少しだけ多くなるように水を入れます。

(3)(2)に、なめたけとしょうゆを加えて、軽く混ぜます。

  (1)の豆を入れて、いつも通り炊飯器で炊きます。

(4)炊けたら、混ぜ合わせて出来上がりです!!

節分豆がたくさん残ったときの活用方法

炊き込みご飯では使い切れないくらい、「節分豆」がたくさん残っているなら、

『水煮』にしておくのがおすすめです。

『水煮』にしておけば、スープや煮物などさまざまの料理に使えて便利です。

また、冷凍保存もできるので、必要な時に手軽に使うことができます。

★『節分豆(大豆)の水煮』

【 作り方 】

(1)洗った節分豆を、しっかり豆が浸かるくらいの水に半日程度浸します。

(2)鍋に、豆と、塩少々を入れて、アクを取り除きながら煮ます。

  豆がお湯から出ないように水を足しながら、1~2時間煮ます。

(3)豆がやわらかくなったら、出来上がりです。

水煮にした「節分豆」は、スープなどのほか、かき揚げにしても美味しいですよ。

冷凍する場合は、使いやすい量で小分けにして保存すると便利です。

さいごに

『節分豆』の「大豆」は縁起が良く、また、栄養豊富なので、余らしたままでは

もったいないです。

ぜひ、いろいろな料理などに活用してみてください。

スポンサードリンク

 - 節分