ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

節分の豆は大豆それとも落花生をまく?落花生ならいくつ食べる?

   

337187

『節分』に子どもと一緒にする「豆まき」は、楽しいですよね。

この「豆まき」では、どんな「豆」をまきますか?

「大豆でしょ」という声が聞こえてきそうですが、大豆ではないところもあります。

今回は、『節分の豆まき』でまく「豆」についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

節分にまく豆は大豆それとも落花生?

『節分』といえば、「豆まき」ですよね。

昔の「豆まき」には、” 豆” などの穀物が使われていました。

このような穀物には、「邪気を祓(はら)う力がある」と考えられていたので、

「豆まき」は「新年の邪気を祓うため」に行われていました。

昔の「豆まき」に使われた穀物とは、「五穀」のことを指します。

日本での「五穀」は、「米」、「麦」、「アワ」、「キビ」、「豆」の

5種類の穀物となります。

昔は、「豆」に限らず、「米」などもまかれていたようです。

そして、「豆」も、” 大豆” ではなく、” 小豆” がまかれていたという説

もあります。
   
それが、今日のように「大豆」が使われるのが一般的となったのには、

「収穫量が多い」「粒の大きさがちょうど良い」などの理由があるようです。

   
しかし、地域によっては、「落花生」をまくところもあります。

   
北海道、東北、信越地方では、殻つきの「落花生」をまくという風習があります。

「大豆」よりも「落花生」の方が拾いやすいですし、殻がついているので、拾ったあ

とも衛生的に食べることが出来るためのようです。

スポンサードリンク

確かに、「大豆」だと、雪の上に落ちたのを拾うのは大変ですよね。

   
また、鹿児島や宮崎などの「落花生」の産地でも、『節分』には「落花生」がまかれて

います。

   
そして、最近は、このような地域以外でも、スーパー等の『節分の豆コーナー』には

「落花生」が並んでいます。

   
「豆まき」は、「邪気を祓って、新しい年の無病息災を願う」といった意味で行うもの

なので、邪気を祓う力がある「豆」であれば、「大豆」でも「落花生」でも良いという

ことになります。

節分の豆まきが落花生ならいくつ食べる?

『節分』に「豆まき」をする意味からすると、まく豆は、「大豆」でも「落花生」でも

良いのですが、食べる数はどうなのでしょうか?

   
「豆まき」をしたら、福を取り込むために、豆を食べます。
   
「大豆」なら、「豆まき」の後に食べる数は、

” 歳の数だけ ” または ” 歳の数 +1個 ” が一般的です。

” 歳の数 +1個 ” というのは、「来年の分」ということのようです。

   
では、「落花生」の場合は、どのように数えるのでしょうか?

   
「落花生」をまく地域では、” 殻つきの状態 ” で数えるのが一般的となっています。

   
「大豆」も「落花生」も栄養豊富な食材ですが、繊維質が多いので、食べ過ぎると消化

不良になりかねません。

また、「落花生」は、「大豆」よりもカロリーが高く、脂質も多いので、食べ過ぎには

気を付けたほうが良いでしょう。

   
豆を食べる数は、自分の身体と相談して、適した量を食べるようにしたいものです。

さいごに

『節分』には、「大豆」ではなく、「落花生」をまく地域もあると知り、驚かれたことで

しょう。

そして、「食べる豆の数」ですが、年齢の低いお子さんは、少ししか食べられずに不満を

持ちそうですが、大人の場合は、食べ過ぎないように気を付けたいですね。

ご家族の無病息災を願いつつ、楽しい『節分』をお過ごしください。

スポンサードリンク

 - 節分 ,