ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

子供が嘔吐したらノロウイルス?急性胃腸炎の場合の対処について

      2016/12/30

寒くなってくると、さまざまな病気が流行りだすので、お子さんがいらっしゃるお母さん

にとっては心配な季節ですよね。

さっきまでいつもと変わらず元気そうにしていた子供が、急に体調が悪くなると心配になります。

特に心配になる症状のひとつに、『嘔吐』があります。

子供が『嘔吐』を繰り返すと、あたふたしてしまうこともあるでしょう。

今回は、そんな『子供の嘔吐』の対処についてご紹介します。

スポンサードリンク

子供が嘔吐したらノロウイルス?

お子さんが突然『嘔吐』したらどうしますか?

突然のことで、慌ててしまうことも多いでしょう。

しかし、ここは冷静に対処しましょう。

『嘔吐』の症状がある場合に考えられる病気としては、『急性胃腸炎』があります。

この『急性胃腸炎』には、”うつる”『感染性胃腸炎』と、”うつらない”『急性胃腸炎』が

あります。

”うつる”『感染性胃腸炎』には、『ノロウイルス』などがあります。

病院での受診前なら、『ノロウイルス』などの『感染性胃腸炎』の可能性も考えて感染予防

しましょう。

特に、2日以内に「牡蠣」を食べたなどの思い当たることがあれば、家族が感染しないよう

に予防に努めましょう。

感染予防するには、次のようなことが役立ちます。

● こまめに手洗い・うがいをする

● タオルを使い分ける

● マスクをする

もし、『感染性胃腸炎』なら、ウイルスを体内に入れないようにしなければいけません。

ウイルスは、手から口に入る場合が多いので、上記の方法が有効となります。

▼ 関連記事
『ノロウイルスの予防には手洗いが重要!家庭では?二次感染の予防は?』

   
そして、病院で受診しましょう。

この時期は、同時に『インフルエンザ』にかかっている場合もあるそうです。

なので、病院では、『インフルエンザ』の検査をされることもあるでしょう。

診察の結果、『感染性胃腸炎』か、”うつらない”『急性胃腸炎』かの診断をされるでしょう。

嘔吐した子供は胃腸炎かも

病院での受診の結果、”うつらない”『急性胃腸炎』だったら、「感染」の心配がなくなります。

スポンサードリンク

しかし、安心はできません。

『急性胃腸炎』でも、発熱や頭痛の症状を伴うこともありますし、『嘔吐』が治まらなかったり、

水分が摂れないなどの注意が必要な場合もあります。

特に、水分が摂れない場合は、点滴が必要となる場合もあり、再度病院に行かなければならない

こともあります。

”うつらない”『急性胃腸炎』でも、本人はとてもつらい思いをします。

しっかり、お子さんの様子を観察しましょう。

嘔吐する子供への対処は?

『嘔吐』する子供へはどのように対処すればよいのでしょう?

『嘔吐』を繰り返している間は、無理に食事を摂らせる必要はありません。

しかし、水分は摂らせるようにしましょう。

水分補給には、大塚製薬の『OS-1』などの経口補水飲料がよいでしょう。

なければ、白湯などを飲ませてあげましょう。

冷たい飲み物は、胃に負担をかけるので、常温のものか温かい飲み物が適しています。

食事を摂れるようになったら、最初は、「おかゆ」など消化のよいものを食べさせてあげま

しょう。

徐々に普段の食事に戻していけばよいですが、しばらくは、少なめの量しか食べられないか

もしれません。

その場合は、食材に工夫をするとよいかもしれません。

おすすめの食材は、『大根』で、胃にやさしい成分を含んでいます。

食べやすいスープや味噌汁に入れるとよいでしょう。

また、『嘔吐』が治まっても、腹部への刺激は避けた方がよいようです

学校で体育の授業や運動部の活動がある場合は、見学したほうがよい場合があるので、病院で

の受診時に確認しておきましょう。

さいごに

最近の子供は、勉強や習い事・部活などで忙しいです。

頑張っている子供を応援しつつ、健康管理の大切さも教えていけたらよいですよね。

その前に、まずは『急性胃腸炎』をしっかり治し、体力を戻していけるようにサポートして

あげてくださいね。

そして、看病疲れでダウンすることがないよう、ご自身の体調にも気を付けてください。

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん・子供 ,