ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

さつまいも調理で手についたべたべたの落とし方!!あの成分は何?

   

これからは、「さつまいも」を調理する機会が増える時期ではないでしょうか。

最近は、スーパーに行くと、”焼き芋”のいい匂いが漂っています。

なぜか、寒くなると”焼き芋”が食べたくなりますよね。

そして、お正月には”栗きんとん”を手作りしようとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

このように、いろいろな料理やお菓子に使える「さつまいも」ですが、調理する際には少

し嫌なこともあります。

それは、「べたべたする」ことです。

今回は、「さつまいものべたべた」の落とし方と正体についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

さつまいも調理で手についたべたべたの落とし方!!

「さつまいも」は、栄養豊富な食材です。

特に、『ビタミンC』が豊富に含まれています。

「さつまいも」の『ビタミンC』は、でんぷん質に守られているため熱にも強いので、

風邪予防などにも役立ちます。

なので、さまざまな病気が流行り出すこれからの季節には、積極的に食べていきたい

食材です。

しかし、家庭で調理をすると、「さつまいも」を扱ったあとの「べたべた」が気にな

ります。

あの「べたべた」が「手」に付くと取れにくいですよね。

でも、あの「べたべた」を簡単に落とす方法があります。

それは、『ティッシュペーパーで拭き取る』という方法です!

”方法”というほどのことではないのですが、その手順をご紹介します。
   

●『ティッシュペーパーでべたべたを落とす手順』

(1)「さつまいも」を切った後、手を水で洗います。

(2)タオルで手を拭きます。

(3)べたべたする部分を『ティッシュペーパー』でやさしく拭き取ります。

スポンサードリンク

(4)『ティッシュペーパー』のゴミが付いて気になる場合は、再度水で洗います。

   
たったのこれだけで、手のべたべたが取れて、さらさらになります。

手荒れしやすい季節ですので、『ティッシュペーパー』で拭き取る際は、やさしくこす

り落とすようしましょう。

 
もし、これで落ちなければ『重曹』で落としてください。

 
包丁やまな板は、調理後すぐにいつも通り洗えば落ちます。

「べたべた」が乾燥すると落ちにくくなるので、すぐに洗うようにしましょう。

さつまいものべたべたは何?

ところで、「さつまいも」のあの「べたべた」は、何なんでしょうか?
   

「べたべた」する原因となる成分は、『ヤラピン』です。

「さつまいも」を切った時に出てくる白い汁が『ヤラピン』です。

この『ヤラピン』は、新鮮なものほど多く出てきます。

しかし、「さつまいも」は、掘りたてよりも、少し時間をおいたものの方が甘みが増して

美味しくなります。

スーパーで購入した「さつまいも」は長期保存に向きませんが、おすそ分けなどで掘った

ものを入手した場合は、水で洗わずに乾燥させて、室温で2週間以上保存すると美味しく

なります。

少し時間をおいた「さつまいも」は、『ヤラピン』の出てくる量も少なくなっているので、

手に付いても比較的落としやすいでしょう。

さいごに

甘くてほくほくの「さつまいも」は本当に美味しいですよね。

栄養もたくさん含まれているので、料理やおやつに取り入れていきたい食材です。

今回ご紹介した方法で「手のべたべた」を簡単に落とせるので、今までよりも「さつまいも」

を扱いやすくなるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 - 食べ物