ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

クリスマスチキンをおしゃれにする持ち手の作り方は?材料は100均で!

   

クリスマスといえば、日本ではチキンがよく食べられています。

毎年 ご家庭で手作りされる場合も、お店で調理済みを購入される場合も

あるでしょう。

それが、骨付きチキンなら、『持ち手』はどうされていますか?

ちょっとしたひと手間で、おしゃれなチキンに仕上がります。

今回は、『持ち手』の作り方と材料についてご紹介します。

スポンサードリンク

クリスマスチキンをおしゃれにする持ち手の作り方は?

クリスマスに骨付きチキンを食べる場合、『持ち手』があると食べやすいですよね。

そして、豪華に見えます。

あの持ち手の飾りは、「チャップ花」や「ペーパーフリル」というそうです。

とても簡単に作れるので、今年は、ちょっと違ったチキンを食卓に並べてみましょう。

今まで、アルミホイルを巻いていただけの方も必見ですよ!

では、早速、作り方をご紹介します。

img_20161127_165026

● 材 料

・折り紙(骨付きチキン1本につき1枚)

・セロテープ または マスキングテープ

● 作り方

(1)折り紙を半分に軽く折ります。

  この時、折り目をあまり付けないようにすると、仕上がりがきれいになります。

(2)それをさらに半分に折ります。

  この時も、軽く折り、折り目をきっちり付けないでください。

(3)(2)を開いて、(1)の状態にします。

  折った方(輪の方)の端から5mm幅で切り込みを入れていきますが、切るのは、

(2)で折った折り目までです。

(4)一度開いてから、また半分にしますが、この時、折り目が少しずれるようにします。

  これを端からくるっと巻いていくと、お花のようになります。

スポンサードリンク

  2重になる部分は、少し下にずらすと、きれいなお花になりますよ。

(5)チキンの持ち手にアルミホイルを巻き、その上から、この飾りを巻きつけます。

  端をセロテープで止めたら完成です!
 
  形を整える時は、上から軽く押さえるようにすると良いでしょう。

折り紙を折らずに、カッターで切り込みを入れていくと、よりきれいに仕上がります。

余裕のある方は、試してみると良いでしょう。

img_20161127_164532

▲ カッターで切る場合は、この開いた状態で切ります。
はさみで切る場合は、真ん中の点線で半分に折って切ります。
上下それぞれの1/4部分が巻きつけてテープで止める部分になります。

クリスマスチキンの持ち手の材料は100均で!

持ち手の飾りがあると、やっぱり見栄えがいいですよね。

この飾りに使う折り紙も、「100均」こと100円ショップで購入できます。

クリスマス柄のかわいい折り紙があるので、早めに探して購入しておくと良いですよ。

また、アルミホイルも、ドット柄などのかわいいものがあります。

人数が多い場合や、時間がない場合には、かわいい柄のアルミホイルを巻きつけるだけでも、

いつもの骨付きチキンをおしゃれに演出できます。

かわいい柄のアルミホイルを使う場合の持ち手の飾りは、白いコピー用紙でも良いでしょう。

前章の【作り方】でご紹介したものより小さめに作っても素敵ですよ。

さいごに

年に1度のクリスマスなので、食卓も雰囲気を大切にしたいですよね。

ちょっとした手作りの飾りで、クリスマスチキンを豪華に見せちゃいましょう。

華やかな食卓を囲んで、楽しいクリスマスをお過ごしくださいね☆

スポンサードリンク

 - クリスマス ,