ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

車の窓ガラスの雪をすばやく溶かすには?対策には便利グッズを活用!

      2017/02/10

寒くなってくると心配になるのが「雪」です。

車で通勤しているなら、車の窓ガラスの雪にはお困りでしょう。

今回は、車の窓ガラスの『雪対策』についてご紹介します。

スポンサードリンク

車の窓ガラスの雪をすばやく溶かすには?

女性にとって、朝の出勤前はバタバタする忙しい時間帯です。

そんな時に車の窓ガラスに雪が積もっていたら、焦るどころではありません。

しかし、少しでも速く、より簡単に雪や凍結を溶かす方法を知っていれば安心です。

では、早速、その方法を見ていきましょう。

 

(1)まずは、窓ガラスに積もっている雪を降ろします。

  スノーブラシがあれば、それを使って降ろします。

無ければ、つぶした段ボール箱で、車にキズが付かないように気を付けて

雪を降ろします。

 

(2)つづいて、固まった雪や凍結を溶かします。

市販の解氷スプレーをかけます。

解氷スプレーがなければ、2リットルのペットボトルに ”水” か ”ぬるま湯” を

入れて窓ガラスにかけましょう。

▼ 備えていれば便利な解氷スプレーです。(税込 1,500円+送料)
車の解氷スプレー 古河薬品 KYK【一部地域送料0円】 解氷スプレートリガー 500ml 2本(凍結 撥水 ガラス 雪 霜 )

 

(3)さいごに、溶けた雪や水滴をワイパーで除きます。

 

窓ガラスに ”お湯” をかける方もいらっしゃるでしょうが、窓ガラスに気付かないうちに

キズが出来ていることもあります。

この場合、温度差により、窓ガラスが割れてしまう恐れがあるので、気を付けましょう。

雪の車への対策には便利グッズを活用!

朝慌てないためには、事前の対策が有効です。

雪の心配がある場合は、前日に対策を行っておくことで、出勤前のバタバタを減らせます。

その対策に便利なグッズをご紹介します。

スポンサードリンク

 

車用凍結防止シート

前日にこのシートを取り付けておけば、雪が積もっても、シートを取り除くだけOKです。

そして、凍結を防止出来るので、窓ガラスの凍結を溶かす必要がなくなります。

雪の他にも、黄砂や日よけにも使えるので、一年を通して役立ちます。

取り付けも簡単なので、これなら女性でも大丈夫です。

不要になった毛布を代用するといった場合、積もった雪の重みや、凍ってしまった毛布自体

の重さで、毛布を取り除くのが大変になります。

女性には、簡単に取り除けるシートがおすすめです。

 

スノーブラシ(伸縮タイプ)

冷たい雪を手で除くのは避けたいので、スノーブラシがあると便利です。

伸縮タイプのものを車に常備しておけば、外出先で雪が積もった場合にも役立ちます。

 

解氷スプレー

凍結防止シートで車の窓ガラスへの積雪や凍結を防げるので、不要になるかもしれません。

しかし、1本あれば、いざという時に役立つので、念のために準備しておくと安心です。

また、事前に窓ガラスに吹きかけておくと凍結防止になります。

「カーポートがあるから、積雪の心配はないけど、凍結はするかも・・・」といった場合

には、とても便利なアイテムです。

 

▼ 便利なアイススクレーバーもあります。(税込 2,980円+送料)
車窓専用雪解け器 『溶かしたろう 』( 解凍 氷結 雪溶かし 氷 ) アイススクレーバー 熱 車専用 簡単解氷 LED付【暮らしの幸便 カタログ掲載】 05P03Sep16

さいごに

雪が降ると、車で通勤している方にとっては心配事がたくさんあります。

窓ガラスの雪や凍結を防いで、少しでも余裕を持って出かけてください。

かなり渋滞することもあるでしょうから、焦らず、安全運転で行きましょう。

▼ 関連記事
『スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換はいつごろ?保管は?』

スポンサードリンク

 - 生活 ,