ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

お盆のお供え物はどうする?お供えによいお菓子は?のしでよいの?

   

お盆にご実家に帰省される方も多いと思いますが、
お供え物はどうされていますか?
遠くて一年に一回程度しか帰省できない方もいらっ
しゃると思います。
「お供え物」で感謝を伝えてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  

お盆のお供え物はどうする?

「お供え物」は、基本的には、『故人が生前好きだったもの』を
お供えします。
また、仏様に対して敬意を表し、感謝の気持ちでお供えするとい
う意味もある。
『故人が生前好きだったもの』以外にも、『そのご家族が好きな物』
も喜ばれます。

「お盆の期間に仏前にお供えする」ものなので、日持ちする物が
好まれます。さらに、お寺などにも持って行ける菓子折りなどは、
多く選ばれています。

帰省した際に、お仏壇に持参したお供え物をご自分達で供える場合
もあるかと思います。
この場合、皆さんから見て正面に向くようにお供えします。
お仏壇でしたら、お供え物は中段にお供えするのがマナーです。
お仏壇の手前に折りたたみ机や棚などが置いてあることも多いと
思いますが、この場合は、折りたたみ机や台、棚などにお供え物
を置きましょう。

お盆のお供えによいお菓子は?

『故人が生前好きだったもの』以外にも、『そのご家族が好きな物』
も喜ばれます。
今年結婚されて、旦那さんのご実家へのお供え物を考えられる場合
は、旦那さんにご家族の好みを聞いてみると良いでしょう。

それでも、何にすればよいか分からない場合は、お菓子にするのが
無難でしょう。

☆お供え物のお菓子を選ぶポイント

スポンサードリンク

・日持ちするもの

・色があまり派手でないもの・・・赤や黄色など派手な色のお菓子は
                避けた方が良いです。

・個別に包装されているもの・・・お盆に親戚が集まると、お供え物
                で、いっぱいになります。
                これらの頂いたお供え物を、親戚
                や子供に分けて、持って帰って貰
                います。
                個包装されたものなら、分けやす
                いです。
                

お盆のお供えにはのし?

お供え物の品物が決まったら、「のし」を使うのでしょうか?
一般的には、慶事用には「のし」、弔事用には「掛紙」を使う
のが正しいです。
よって、お盆のお供え物として品物を用意する場合は、
「掛紙(かけがみ)」を品物にかけます。

●お供え物の掛紙の水引・・・「結び切り」を用います。

色は、『黒白または双銀』、地域によっては『黄白』を使用し
ます。
関西・中国・四国・九州の一部では、『黄白』が多く使われま
す。

●表書き・・・「御供」

表書きや名前を入れない「無地のし」を使ってもよい場合
 ・自分の実家用
 ・日常的にお供え物をしている場合

それ以外の場合は、表書きや名前を入れるのがマナーです。

まとめ

今回は、お盆のお供え物についてご紹介しました。

マナーをおさえた「お供え物」で、ご先祖様やご家族に
喜んで貰いましょう。

スポンサードリンク

 - 生活