ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

紫外線でアレルギー?どんな症状?予防するにはどんな対策がある?

   

紫外線が気になる季節になりました。
5月~7月は、一年の中で最も紫外線量が多いの時期なのです。
この紫外線によるアレルギーがあることをご存知でしょうか?

スポンサードリンク
  

紫外線でアレルギー?

紫外線が「日焼け」や「シミ」の原因になることは、よく知られています。

「紫外線」は地球上に届く太陽光の種類の1つです。
「紫外線」は、 波長が短く、エネルギーが強いので、物質に化学変化を
起こさせやすいという性質があります。
これにより、日焼けしたり、シミが出来たりします。
もしも、この季節に腕や首などに湿疹ができたり、赤くはれたりしている
場合は、「紫外線アレルギー」を発症しているかもしれません。

 
紫外線アレルギーは、「日光アレルギー」や「日光過敏症」、
「日光性皮膚炎」とも呼ばれており、日光や日光の紫外線が原因で
引き起こされるアレルギー反応のことをいいます。
 
普通には浴びても問題のない程度の紫外線照射で皮膚に異常な反応
が起こります。

紫外線のアレルギーはどんな症状?

では、症状についてみていきましょう。

一般的には、日が当たった部分だけに表れる皮膚の症状が多いです。
しかし、全身症状を引き起こす場合もあります。

○皮膚の症状

•赤くなる(発赤)

•発疹(じんましん、みずぶくれ、丘疹)

•腫れ

•かぶれ

○目の症状

•目の充血

•涙がでる

•異物感がある

○全身症状

•頭痛

•発熱

•吐き気

※当てはまる症状があれば、「紫外線アレルギー」を疑い、医療機関
 で受診するとよいでしょう。

紫外線のアレルギーを予防する対策は?

もし「紫外線アレルギー」になってしまったら、
その対処法は、「紫外線を浴びない」ということが一番です。
ですが、まだアレルギーになっていないのなら、
予防するための対策方法をご紹介します。

まずは、「紫外線アレルギー」になってしまった場合と同様に
「紫外線を浴びない」ための対策です。

・UVカット機能の衣服を着る

・目を守るためにサングラスをつける

スポンサードリンク

・帽子や日傘をは必須

・「紫外線吸収剤」不使用の日焼け止めを塗る

  ※日焼け止めには、2種類あります。
 『紫外線散乱剤』・・・紫外線を跳ね返すもの。
            白浮きしやすいが、肌へは低刺激。

 『紫外線吸収剤』・・・紫外線を吸収して肌まで浸透させないもの。
            白浮きしにくいが、肌への刺激は強い。

  日焼け止めに含まれる『紫外線吸収剤』が肌に合わない場合、
  アレルギーを引き起こす原因となる場合があります。
  また、女性の場合ですと、化粧品が紫外線と反応してしまう事
  もあります。

●曇りや雨の日も要注意です。
曇っていても、地上には85%程度の紫外線が降り注いでいます。

つづいて、「有効なビタミン」についてです。
ビタミンをバランスよく摂取しつつ、普段の生活にも気を付けることで、
紫外線アレルギーの予防に役立ちます。

☆ビタミンC・・・肌トラブルの軽減に役立ちます。
         ただし、レモンなどの柑橘類には、光毒性のある
         「ソラーゲン」という成分も含んでいる
         ので、大量に摂取しないよう気をつけましょう。
         柑橘類以外で摂取するようにするとよいでしょう。

☆ビタミンB2・・・肌を強くしてくれます。
         肉類や魚類、脱脂粉乳などに含まれているので、食事
         にも取り入れやすいでしょう。

☆ビタミンD・・・免疫力を付けてくれます。アレルギーは、免疫力の問題
         と言われています。
         魚類に多く含まれています。特に、にしんやサンマなど
         に多く含まれています。

まとめ

「紫外線アレルギー」は、発症すると治りにくいとされています。
「紫外線を浴びない」のが、一番確実な対策となりますが、お子さまが
おられる方などは、どうしても、そこまでの対策が出来ません。
食事の面でも気を付けて、「紫外線アレルギー」を近づけない生活を
心がけてください。

スポンサードリンク

 - 生活