ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

クリスマスは子供とアイシングクッキー作りにチャレンジ!レシピは?

   

クリスマスは、いろいろと手作りしたくなります。

今年は、お子さんとアイシングクッキーを作られてみませんか?

クッキー生地の型抜きも楽しいですし、アイシングでお絵かきするのも

楽しいですよ。

スポンサードリンク

クリスマスは子供とアイシングクッキー作りにチャレンジ!

最近人気の「アイシングクッキー」ですが、難しそうなイメージがありますよね。

でも、結構簡単に作れてしまいます!

クッキーの型抜き&アイシングでお絵かきと、2度楽しいので、お子さんにとっても素敵な

体験になるでしょう。

欧米では、アイシングクッキーのオーナメントをツリーに飾る家庭が多いようです。

今年のクリスマスは、ツリーに手作りアイシングクッキーで飾り付けしてホームパーティー

したり、お母さん&お子さんからお父さんへのプレゼントにしても良いのではないでしょうか。

624b2e4cfba7b3e02529e39659388637_s

クリスマスのアイシングクッキーレシピ

まずは、アイシングの前に、クッキーを作りましょう。

● クッキーの作り方

< 材 料 >(天板 約3枚分)

薄力粉・・・150g
バター・・・70g
グラニュー糖・・・60g
卵黄・・・1個分

< 作り方 >

1.生地を作ります。

 室温でやわらかくしたバターをボウルに入れ、泡だて器でクリーム状に練ります。

2.砂糖を加え、ざらつきがなくなるまですり混ぜ、卵黄を加えます。

 なめらかになるまでよく混ぜます。

3.薄力粉をふるいながら入れ、ゴムべらでさっくりと混ぜます。

 だいたいまとまったら、食品用ポリ袋に入れます。

 袋の中でひとまとめにし、冷蔵庫で1時間ほど休ませます。

4.めん棒で2~3mmの厚さにのばします。

 お好きな型で抜き、180℃のオーブンで10~15分焼きます。

 余った生地は、ひとまとめにして冷蔵庫で冷やしておき、1回目が焼けたら、

スポンサードリンク

 また型を抜いて焼いてください。

5.焼けたらお皿などに移して、冷ましておきます。

 

クッキーが焼けたら、いよいよアイシングを作っていきます。

アイシングは、卵白を使うものと、水だけで作るもの、レモン汁を加えるものなど

があります。

卵白を使ったアイシングは、風味が良く、つやが出るので見た目がきれいに仕上がります。

また、しっかり硬くなります

レモン汁を加えたものは、乾きが早くなります

今回は、水だけで作るレシピをご紹介しますが、最後にそれぞれ分量をご紹介するので、

どのアイシングにするかは、お好みで決めてみてください。

● アイシングの作り方

< 材 料 >

粉糖・・・大さじ5~6
水(お湯)・・・適量
食用色素・・・赤、緑、黄 など ※スーパーのお菓子作りのコーナーにあります。
 
< 作り方 >

1.ボウルに粉砂糖を入れ、お湯を小さじ1加えて混ぜます。

2.泡だて器を持ち上げて、リボン状に落ちてくるくらいになるまで、お湯を小さじ1ずつ

 加えてその都度よく混ぜます。

3.小皿に分けて、食用色素で色を付けます。

4.アイシングを入れるコルネ袋を作ります。

 パラフィン紙かハトロン紙を13cm×25cmの長方形に切ります。

 この長方形を斜めに切って三角形にします。

 三角形の角を切った方を手で持って円すいになるように丸めます。

 上側の三角に出る部分を内側に折りこみます。

 先端を少しだけ切ります。

5.コルネ袋にアイシングを入れて、クッキーにかいていきます。

 絞り出す力を均一にするのがポイントです。

 

卵白とレモン汁を使用する際の分量

卵白・・・「卵白:粉糖=1:4~5」(例)卵白が10gなら、粉糖は40~50g

レモン・・・「卵白一個分に対して、小さじ1」

さいごに

見た目が可愛いアイシングクッキーですが、コツを掴むまでは、なかなか思うようにかけない

かもしれません。

でも、とても楽しい作業ですので、いろいろと試してみてください。

素敵なアイシングクッキーが出来ますように☆

スポンサードリンク

 - クリスマス