ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

とうもろこしの茹で方は?レンジでチンでもOK!保存はどうする?

   

夏になると食べたくなるのが「とうもろこし」です。
大好きなお子さんも多いのではないでしょうか。
この「とうもろこし」には、栄養がたっぷり含まれています。
ほんの一例ですが、発育に良いビタミンB2を含んでいます。
子どもの成長を促す栄養素がとうもろこしの一粒一粒に詰まっ
ています。

スポンサードリンク
  

とうもろこしの茹で方は?

栄養価の高い「とうもろこし」をお子さんのおやつにと購入したのは
いいけど、どう調理したらよいのか分からないといった場合に参考に
してください。

「とうもろこし」は、急速に栄養価が落ちますので、出来るだけ買っ
たその日のうちに食べることをおすすめします。

まずは、基本の茹で方です。

☆茹で方

•とうもろこし … 適量
•塩 … 水1.5Lなら塩大さじ2ほど(湯量に対して2~2.5%の塩)

①とうもろこしの皮をむきます。皮を1枚だけ残してからゆでると、
 ジューシーで、皮とともにひげを簡単にきれいに取り除けます。

②とうもろこしがすっぽり入るくらいの鍋を用意し、とうもろこし
 が浸るくらいの水を加えます。
塩を加え、湯が沸騰したら、とうもろこしを鍋に入れます。

③落とし蓋等をして、中火から弱火の火加減で10~12分茹でます。
 途中数回、とうもろこしを鍋の中で回転させてください。

④ゆで上がったら、そのまま10分間ゆで湯につけたままにしておき
 ます。これは、粗熱を取り、とうもろこしに塩分を入れるため
 です。

⑤10分たったらOKです。ざるに上げ、皮を剥いてお召し上がり
 ください。

スポンサードリンク

とうもろこしをレンジでチンでもOK!

「とうもろこし」は、電子レンジでも調理出来ます。
忙しいお母さんは、こちらもお試しください。

☆電子レンジでの調理方法

①とうもろこしの皮を1~2枚剥き、皮ごとよく洗います。

②皮ごとラップで包み、天板の両端に置いた割り箸の上に置きます。

③600Wで5分加熱します。

④熱いので、やけどに気を付けて取り出し、皮を剥いてお召し上がり
 ください。

トウモロコシは、皮つきのまま電子レンジで加熱すると、旨みが増し
てとても美味しいですよ。

とうもろこしの保存は?

では、「とうもろこし」の保存方法をご紹介します。

○ 生のとうもろこしは、皮つきのまま、ラップで包み、冷蔵庫で立て
 た状態で保存します。
 
 保存期間:3~4日程度

○ 茹でたとうもろこしは、熱いうちにラップをして、冷めてから冷蔵
 庫で保存します。

 保存期間:2~3日程度

○冷凍保存する場合

 少し固めに茹でたとうもろこしを、熱いうちに1本ずつラップに包み
 ます。
 冷めたらラップを取り、水気を拭いて再度ラップで包んで、フリーザ
 ーバッグに入れます。
 しっかりと袋の空気を抜いてから冷凍庫で保存します。
大きいようなら、切ったものを冷凍しても大丈夫です。

 保存期間:1か月程度

まとめ

「旬の食材」は、美味しいだけでなく、その季節にあった健康効果も
あります。
ぜひ、夏に美味しい「とうもろこし」をお子さまの健康にお役立てく
ださい。

スポンサードリンク

 - 生活