ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べるのはなぜ?うなぎ以外では?

   

2016年 夏 の「土用の丑の日」は、7月30日(土)です。
毎年、この日にうなぎを食べられる方もいらっしゃるでしょう。
そもそも、「土用の丑の日」とは、どんな日なのでしょうか?

スポンサードリンク
  

土用の丑の日の土用とは?

「土用の丑の日」は、「土用」+「丑の日」のことです。

まず「土用」についてみていきましょう。

○「土用」とは、四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日の
 期間のことです。

「世の中の全てが、木・火・土・金・水の五つの組み合わせで成り立つ」
という『五行説』を季節にも割り振ると、「土」が余り、各季節に割
り振ることにしました。
これにより、各季節の最後の18~19日が「土用」となりました。
なので、今は土用というと夏だけのイメージが強いですが、本来は全
ての季節に土用があります。
 
 
つづいて、「丑の日」についてみていきます。

○「丑の日」の「丑」は十二支の『丑』です。

この十二支は、『今年の干支』というような年を数えるときだけ
 でなく、方角や、月、そして日にちを数えるのにも使われます。

☆以上の事から、約18日間の『土用』の期間のうち、
12日周期で割り当てられている十二支の『丑の日』の日にあた
る日が、『土用の丑の日』となります。

土用の丑の日のうなぎはなぜ?

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、天然ウナギの旬は、「初冬」
です。これは、うなぎは、水温が下がり始めるころに産卵の準備に
入り、餌を豊富に食べ、よく太り、脂がのるので、この頃が一番おい
しいのです。

では、なぜ、夏の「土用の丑の日」にうなぎを食べるのでしょうか?

江戸時代に、夏にうなぎが売れずに困っていたうなぎ屋が平賀源内に
相談しました。そして、「本日、土用の丑の日、うなぎの日」という
貼り紙を店先に張り出したら、うなぎが飛ぶように売れるようになっ
たのです。

スポンサードリンク

丑に日に「う」のつく食べ物を食べると体に良いというもともとあっ
た風習にもあてはまったので、民衆に浸透していきました。

また、夏の「土用の丑の日」以降は、厳しい暑さが続くようになり、
「夏バテ」しやすくなります。
うなぎは、疲労回復に効くビタミン類やエネルギー源となる脂質を
豊富に含んでいるので、夏バテ防止にはぴったりです。
夏バテ防止以外にも、風邪の予防、滋養強壮などに効果があります。

土用の丑の日のうなぎ以外の食べ物は?

「うなぎ」以外にも、「土用の丑の日」に食べられているものを
ご紹介します。
夏の「土用の丑の日」以降は、厳しい暑さのために夏バテしやす
い時期となるので、昔から「精の付くもの」を食べる習慣があり
ます。
土用蜆(しじみ)、土用餅などは、この習慣による言葉で、今も
残っています。
しじみは夏が旬なので、しじみのお吸い物などいかがでしょうか?
また、もともと『丑に日に「う」のつく物を食べると体に良い』
という風習があり、
『馬肉(うま)、牛肉(うし)、うどん、瓜、梅干しなど』
が今でもよく食べられています。

この他にも、黒豆、黒ゴマ、ヒジキやワカメ、昆布などの
『黒い物』を食べるといいともされています。

「うなぎは苦手」という方は、こういったものを食べられるのも
良いでしょう。

まとめ

「土用の丑の日」にうなぎを食べるのは、江戸時代の商売を繁盛
させる策が発端ですが、栄養的には理にかなっています。
また、うなぎが苦手な場合は、夏バテ防止になるような食材を摂
られると良いでしょう。
近年、夏は猛暑が続きますが、夏バテすることなく、元気にお過
ごしください。

スポンサードリンク

 - 生活