ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

ハロウィンの仮装をどうする?英語教室のイベントには子供は黒猫で!

   

最近は、お子さんが小さいうちから英語教室に通わせている方が多いですよね。

英語教室では、外国の文化に触れるイベントが行われることがあります。

『ハロウィン』でも、ハロウィンパーティーが行われるところがあるでしょう。

そこで悩むのが、「仮装」についてでしょう。

今回は、この子供の「仮装」についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

ハロウィンの仮装はどうする?英語教室のイベントの場合

お子さんが通われている英語教室でハロウィンパーティーが開催される場合、

衣装はどうすれば良いのか悩みますよね。

b951ecba169efc69204793317e659b44_s

海外では、ハロウィンには、赤ちゃんでも仮装することが一般的となっています。

ですから、ここはやはり仮装して行くのが良いでしょう。

しかし、小さなお子さんの場合、すぐに大きく成長してしまうので、高価なものは

気が引けます。出来るだけ、予算を抑えたいですよね。

そこで、おすすめしたいのは、ご家庭にあるものに手作りのものをプラスする仮装

です。裁縫が苦手な方にも簡単に作れる仮装アイテムをご紹介します。

ハロウィンで仮装におすすめ!子供の黒猫がかわいい~

女の子なら、『黒猫』がおすすめです。

ご家庭にある黒い服に手作りのしっぽと耳を付けるだけです。

では、早速作り方をご紹介しましょう。

<しっぽの作り方>

● 材料

・黒い布(しっぽ用)

・手芸用ワイヤー

・黒いゴム(ウエスト固定用)

・中に詰める綿(必要なら)

・布用接着剤 または グル―ガン

今回、手芸用ワイヤーは自宅にあったので、購入しませんでしたが、

その他のものはすべて100円ショップで購入しました。

しっぽ用の黒い布は、ふわふわした素材のマフラーを使うことにしました。

img_20161001_171735

● 作り方

(1)しっぽ用の黒い布をお好みのサイズにカットします。

(2)カットした布にワイヤーを置きます。

(3)必要な場合は、綿を置き、ワイヤーを包むように布を合わせます。

  先っぽが丸くなるようにするとかわいいです。

  
(4)接着剤で張り合わせます。

  素材によっては、付きにくいことがあります。

  今回購入したマフラーも付きにくい素材でした。

  このような場合は、手縫いで縫い合わせましょう。

(5)しっぽをウエストに付けるためのゴムを縫い付けます。

(6)黒い無地の服を着て、しっぽを付けて出来上がり!!

<耳の作り方>

● 材料

・黒い布

・厚紙

・カチューシャ

スポンサードリンク

・接着剤 または グル―ガン

100円ショップで揃えられるものがほとんどです。

カチューシャも、100円ショップので十分です。

厚紙は、お菓子の箱などでも大丈夫です。(少し厚さがあるものがよいです)

● 作り方

(1)土台とするため、厚紙をネコの耳の形(三角)に切ります。

  左右で2枚切りましょう。

(2)黒い布を、厚紙よりも一回り大きくカットします。

  左右2枚ずつ必要なので、計4枚カットします。

(3)カットした黒い布2枚で、厚紙を挟むようにして、接着剤で張り合わせます。

  同じものをもうひとつ作ります。

(4)カチューシャに(3)の耳を接着剤で付けて出来上がりです。

もっと可愛くしたいなら、チュチュスカートにすると良いですよ。

このチュチュも手作り出来ます。

材料は、ウエスト用のゴムとチュール素材があればOKです。

チュール素材は、手芸店で、1mあたり500円前後で購入できます。

● 作り方

(1)ウエストに合わせてゴムをカットします。

  実際のウエストよりの少し小さくなるように、カットしたゴムの端を縫い合わせます。

(2)チュールをカットします。

  幅が20cmくらいで短冊のように切っていきますが、お好みの長さで半分に折った

  状態でカットすると簡単でしょう。

(3)(1)のゴムを椅子の足などにかけます。

  このゴムに、(2)のカットしたチュールを付けていきます。

  お好みの長さを半分に折った状態で、折っている方をゴムの内側に入れます。

  ゴムより出た部分を輪にして、端になる方のチュールをその輪に通します。

  ひもの付いたお守りをカバンなどに付ける時に、ひもにお守り部分を通して取り付けますよね。

  それと同じ要領で、輪にした部分にチュールを通していくといった作業を繰り返します。

(4)時々手で整えながら、お好みのボリュームになったら、裾になる部分をカットして整えます。

(5)お手持ちのスカートに合わせたり、レギンスやタイツを履くなどしてコーデしてください。

では、男の子の場合はどうしましょうか?

『黒猫』は、男の子でもかわいいですが、かっこよく決めたいなら、『ドラキュラ』がおすすめです。

ご家庭にある白シャツと黒ズボンに手作りのマント + 蝶ネクタイを合わせるだけです。

そして、髪をオールバックにすれば、カッコいい『ドラキュラ』の出来上がりです。

こちらのマントも簡単に作れますよ。

● 材料

・黒い布

・赤いフェルト(約50cm × 10cm)

・ひも

● 作り方

(1)黒い布を、襟から下が台形になるようにカットします。

  四方をほつれないように縫います。

(2)襟部分に赤いフェルトを縫い付けます。

  ひもを通せるように縫ってください。

(3)赤いフェルト部分にひもを通して出来上がりです。

img_20161001_171326

さいごに

簡単だけど、可愛い&かっこいい仮装用の衣装が作れます。

ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

そして、楽しいハロウィンパーティーになるといいですね。

スポンサードリンク

 - ハロウィン ,